【2020年7月】投資成績

06_03サムネイル投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

7月はみなさんの保有銘柄はいかがでしたか?

今回も毎月恒例の、2020年7月現在の投資成績を発表します。
僕の購入銘柄・保有銘柄についても載せてますので、ぜひご参考ください。

今後も毎月に発表していきますので、損益の推移を確認していただき、少しでも皆さんの参考にしていただければと思ってます。

先月の6月の成績は下記の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

7月の相場を振返り

それでは、まず先月の相場を振返りましょう。
<日経平均>
始値:22,338.30 / 終値:21,710.00
<ダウ>
始値:25,879.38 / 終値:26,428.32

日本相場は、前半は海外でのワクチン開発の期待が高まり、もみ合いながらも微上昇トレンドではありましたが、後半から感染拡大から急落していき、また21,000円台まで戻ってしまいました。

投資成績 / 個別株

では、早速今月までの個別株の投資成績を発表します。

<7月の取引について>
ベルトラ、Gunosy、アルテHD、ユナイテドを売却しました。

・ベルトラ
-20%になってしまったので、損切りしました
Go toキャンペーンなどありましたが、コロナの感染拡大により、なかなか上手く機能しませんでした。
こんなに感染拡大するとは想像しておらず、そのせいで大分下がってしまいました。
今後、ウィルス関係が蔓延して終息していない時は、観光・旅行関連は購入しないことにしようと考えました。

・Gunosy
以前からアプリも使っており、企業に注目していました。
中長期計画でも今後大きく伸びると感じたので、購入してみたのですが、今回のコロナにより、業績は下がってしまい、成長速度も落ち込むと考えたので、損切りしました

・アルテHD
コロナ前にイベント投資で仕込んだものでしたが、底からある程度上がって損切りすることにしました。
イベント投資はどうしても投資期間が長くなってしまい、こういう事態がおきると損切りせざるを得ませんでした
さらに言えば、下がっても優待がなくなる可能性もあったので、買い増しすることもできませんでした。
今後またコロナの第二波・第三波の可能性があるため、イベント投資は当分控えようと考えています

・ユナイテッド
小型割安株としてコロナショック底あたりで購入しました。
当時は、日本相場の上昇ムードで、株価もだんだん上がってましたが、7月になると相場も落ち着き始め、ユナイテッド自体も落ち着き下降を始め、業績の成長も見込めないと感じ、今のうちに利益確定のために売ることにしました

<現在の保有個別株について>
今月は日本相場が落ち着き、後半には下がり始めてきたので、とりあえず様子見していました。
そのため新たに買うことはせず、今後上がりそうにないものは売ることにしました

今、ミンカブとギフティに関しては、いいニュースも出ていたので、今後も成長すると考え、決算発表をホールドしたまま乗り切ろうと考えています。
決算発表で仮に悪いニュースがあれば、その時に売るかどうか考えます。

投資成績 / つみたて投資信託

では、次に今月までのつみたて投資信託の投資成績を発表します。

<現在の保有ファンドについて>
全米式と全世界式を積み立てています。
この2ファンドだけ積み立てているのは珍しいとは思いますが、この理由に関しては、下の記事の「さいごに」部分をご参照ください

今月は米国でのワクチン開発の期待もあり上がりました。
1年経って、この評価益率が6.0%以上なら、順調なのですが、それまでは様子見です。

また積立額についてですが、
転職をしたばかりで、まだ毎月の支出が安定しておりません。
支出が安定してきてから、再度積立額を見直し、調整する予定です。

さらに、現在iDecoも申請中です。iDecoでは、毎月1万円の積み立てを考えています。こちらは60歳になるまで基本的に引き出せないので、流動性に欠けます。
なので、現時点では少なめに設定しています。

今後の投資計画

<これからについて>
8月には保有銘柄の決算発表がありますが、基本的にホールドしたままにしておきます。
日本相場は、感染拡大の第二波により、落ち込み気味です。
保有銘柄の評価は落ち込むかもしれませんが、外的要因での落ち込みであれば、買い増しのチャンスかもしれません。
さらに、新規銘柄に手を出すことも検討していこうと思います。

また、ETFにもチャレンジしようか検討中です。
今、絶賛勉強中です。

今後の投資計画については、下の記事をご参照ください。

さいごに

今回は、2020年7月現在の投資成績について発表しました。

利益確定・損切りのため、損が大きくなってしまいました。
しかし、成長している銘柄はしっかりと育っていけば、損から利益に切り替えることはできるでしょう。
大きい利益を得るために、今は小さい損を積み重ねている状況です。
今は、耐え忍びます。
そして、チャンスにはちゃんと飛びつけるように構えておきます。

今後も毎月末に発表していきますので、損益の推移を確認していただき、少しでも皆さんのご参考にしていただければ、と思ってます。

ここまで、読んでくださり、ありがとうございます。
少しでも、皆さんのご参考になれば幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

コメント