【AI銘柄比較】PKSHA(パークシャ)とエクサウィザーズの違い

【AI銘柄比較】PKSHA(パークシャ)とエクサウィザーズの違い投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、平凡サラリーマン投資家のヒラです。

あなたは、PKSHA(パークシャ)とエクサウィザーズという銘柄はご存知ですか?

どちらもAI関連銘柄であり、似たような部分が多い2銘柄です。そう感じる投資家も多いはずです。そして、いざ投資するにしても、各社の違いについて理解してから、投資したいものですよね。

というわけで今回は、AI銘柄として似た部分が多いPKSHA(パークシャ)とエクサウィザーズを比較し、2銘柄の比較を解説していきます。

この記事は、下記のような人におすすめです。

  • PKSHAとエクサウィザーズについての情報を共有したい
  • PKSHAとエクサウィザーズの違いについて知りたい
  • サラリーマン投資家で時間がないから、要点だけ知りたい

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

PKSHAとエクサウィザーズの似た部分

競合関係

PKSHAとエクサウィザーズは競合関係にあります。これは、エクサウィザーズの公表している資料から分かります。

下図をご覧ください。こちらはエクサウィザーズの「事業計画及び成長可能性に関する資料」にありました「競合他社との比較」です。

エクサウィザーズの競合他社との比較

エクサウィザーズと競合他社との売上高総利益率を比較しています。そのなかにあります、国内P社を見てください。2021年9月に売上高総利益率:41.1%、これはPKSHAの数値と一致します。よって、この「国内P社=PKSHA」ということが分かります。

PKSHAの資料ではこのような表記は見つけられませんでしたが、当ブログとしても、この2社を競合として認識しています。

では、どういうところが競合たる所以なのか、それはビジネスモデルにあると感じています。

ビジネスモデル

競合と言われるのは、ビジネスモデルが似ているからです。それでは、2社のビジネスモデルを確認します。

PKSHAのビジネスモデル

まず、PKSHAのビジネスモデルを確認しましょう。下図をご覧ください。こちらは直近の決算説明資料にありました「PKSHAの事業全体像」です。

PKSHAの事業全体像

「AI Research & Solution事業」と「AI SaaS事業」に分かれています。

簡単にいうと、PKSHAでは研究・開発を通じ、ある顧客用のアルゴリズムを作ります。そして、それを稼働させて、そのアルゴリズムの精度を向上させていきます。次に、それを業界の課題やニーズに刺さるものとして、幅広い顧客用としてSaaSとして展開させるのです。そこでまたデータを集め、さらに精度を向上させていきます。その精度が高まったもののフィードバックを受けて、それをまた研究・開発に活かすのです。

このように、2事業はとてもシナジー効果が高いのです。

エクサウィザーズのビジネスモデル

つぎに、エクサウィザーズのビジネスモデルを確認しましょう。下図をご覧ください。こちらは事業計画及び成長可能性に関する事項にありました「事業の内容」です。

エクサウィザーズの事業内容

「AIプラットフォーム事業」と「AIプロダクト事業」に分かれています。

簡単にいうと、エクサウィザーズでは、ノーコードで簡単に利用できるAIアプリやAIアルゴリズムを提供している「AIプラットフォーム事業」では、業界に向けて展開しています。そして、一方の「AIプロダクト事業」は、領域に特化したプロダクトを提供しています。それぞれでデータを蓄積しており、プロダクトで蓄積したデータをプラットフォームで二次利用したり、相互に送客してアップセル・クロスセルを狙っています。

このように、2事業はとてもシナジー効果が高いのです。

2社のビジネスモデルの似た部分

図を見て気づいた方も多いと思いますが、まずビジネスモデルが似てますよね。

両社とも、2事業提供しており、一方は特定のプロダクトを、また一方は幅広い顧客向けのサービスを提供していることがわかります。そして、それらをお互いに並走させて、シナジー効果を産んでいるのです。

これではどちらに投資しようか悩んでしまいますよね。だから、比較して違いを見つけようと考えています。

PKSHAとエクサウィザーズを比較

業績実績で比較

直近の通期業績を比較してみます。下の表をご覧ください。

PKSHA(2021年9月期)エクサウィザーズ(2022年3月期)
売上高8,727百万円4,810百万円
売上総利益率41.1%66.7%
営業利益713百万円-201百万円
営業利益率8.2%
経常利益635百万円-97百万円
純利益147百万円-137百万円
EPS4.8円-1.8円

直近の業績を見ると、以下のことが分かります。

  • 売上高からPKSHAの方が規模感が大きい
  • エクサウィザーズはまだ黒字化できていない
  • 売上総利益率はエクサウィザーズの方が良い

成長性で比較

つづいて、成長性で比較してみましょう。前期実績と今期予想の売上高を比較し、グロース株で重要な売上高成長率を確認します。

  • PKSHA:(前期)8,727百万円 / (今期予想)11,400百万円(+30.6%
  • エクサウィザーズ:(前期)4,810百万円 / (今期予想)6,500〜7,000百万円(+35.1〜45.5%

上記から、エクサウィザーズの方が成長率が高いことが分かります。

事業別売上高構成比で比較

事業別の売上高構成比は各社それぞれ下図のようになっています。

PKSHAの事業別売上高構成比
PKSHAnのPKSHAの事業別売上高構成比
エクサウィザーズの事業別売上高構成比
エクサウィザーズの事業別売上高構成比

下記のことが分かります。(※長期継続売上高:4四半期以上連続で契約している顧客からの売上高の割合≒ストック型売上)

  • PKSHA-AI R&S:AI SaaS=63.3%:36.7%(ストック売上高比率:59%)
  • エクサ-AI PF:AI Product=87%:13%(長期継続売上高比率:57%)

PKSHAではAISaaS事業、エクサウィザーズではAIプラットフォーム事業のストック型売上が比重が大きいです。お互いに成長フェーズなので、どこまでストック型収益を伸ばせるかに期待しています。

業界別売上高構成比で比較

業界別の売上高構成比は各社それぞれ下図のようになっています。

PKSHAの「AI SaaS事業」での業界別売上高構成比
PKSHAの「AI SaaS事業」での業界別売上高構成比
エクサウィザーズの「AIプラフォーム事業」での業界別売上高構成比
エクサウィザーズの「AIプラフォーム事業」での業界別売上高構成比

下記のことが分かります。

  • PKSHAの主要顧客業界:情報通信・サービス、金融、電機・精密
  • エクサウィザーズの主要顧客業界:金融・保険、製造業・産業財、消費財、ヘルスケア

2社で主要顧客の業界に違いがあることが分かりました。

業界別の比率を見る限りでは、エクサウィザーズの方が分散されています。しかし、顧客数で見ると、PKSHA:2,125社、エクサウィザーズ:117社と大きく数が違うので、そこは注意が必要です。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<似た部分>
・2事業のシナジー
(特定分野へのプロダクトと業界への幅広く展開するサービス)

<業績実績>
・売上高からPKSHAの方が規模感が大きい
・エクサウィザーズはまだ黒字化できていない
・売上総利益率はエクサウィザーズの方が良い

<成長性>
・売上高成長率はエクサウィザーズの方が高い

<事業別売上高構成比率>
・ストック型売上高比率は同水準

<業界別売上高構成比率>
・エクサウィザーズの方が分散されている
 →PKSHAの方が顧客数は圧倒的に多い

いかがでしたか?比較したことで、2社の似た部分や違いについて理解できたでしょうか?参考になれば嬉しいです。

当ブログでは、注目銘柄の目標株価を算出したり、今回解説した2社のような小型成長株の投資法を解説しています。そちらの記事もあなたの投資に活かせるので、ぜひ読んでみてください。

さいごに

今回は、AI銘柄として似た部分が多いPKSHA(パークシャ)とエクサウィザーズを比較し、2銘柄の比較を解説しました。

注目しているAI銘柄の2社を比較しました。当ブログとしては、どちらも良い銘柄だと感じています。ただ、資金は限られているので、より良い方に投資したいものです。個人的には、エクサウィザーズの方が成長の勢いが感じられます。ただ、PKSHAもコロナ禍が過ぎれば、以前のような成長性を取り戻すかもしれませんが。

いかがでしたか?参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

他の銘柄の最新決算分析を読みたい場合は、下の記事でまとめています。

現在、ブログを更新中です!

このブログでは、平凡サラリーマンである僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、サラリーマンの方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

当ブログでは、注目銘柄の目標株価を算出しています。気になる方は、下の記事をご覧ください。

また、当ブログでは「小型成長株投資」をメインにしています。サラリーマンの方にオススメできる小型成長株投資法の解説については、下の記事からどうぞ。

さらに、こちらのTwitterアカウント「ヒラ / PLAIN MR. 投資ブログ」をフォローすると、ブログ更新状況注目銘柄のその日の値動きの理由が分かります。ぜひ、こちらもチェックしてください。

–>ヒラ / PLAIN MR. 投資ブログ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「投資を始めたい」「サラリーマンでも投資できるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント