【株価下落】QDレーザの決算!将来性はまだあるのか解説

【株価下落】QDレーザの決算!将来性はまだあるのか解説投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、平凡サラリーマン投資家のヒラです。

みなさんは、QDレーザという銘柄はご存知ですか?

世界で唯一量産化に成功した量子ドットや、超高歪量子井戸などの独自技術を持っている企業です。最近注目されているテーマである半導体銘柄であり、投資家からの注目を集めています。

そんなQDレーザですが、最近は株価下落が続いています。そんな中で、2/10の取引時間後に決算発表がありました。しかし、株価はまた下がってしまいそうです。株価は下落しますが、将来性は失われてしまったのでしょうか?

ということで今回は、株価が下落するQDレーザの決算を分析し、将来性はまだあるのかを解説していきます。

最新の決算分析については、下の記事で解説しています。
 最新の決算分析を読みたい方は下からどうぞ。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
QDレーザについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

前回の決算については、以前記事で解説しています。下の記事を読むと、業績の推移が分かり、今回の記事が分かりやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

株価チャートを確認

下のチャートをご覧ください。こちらはQDレーザの直近6ヶ月の日足チャートです。

QDレーザの直近6ヶ月の日足チャート

株価は見ての通り、ずっと株価は右肩下がりです。

11月中旬に一度上がりましたが、これは前回の決算発表が要因です。この理由については、前回の決算分析を読んでください。

しかし、11月下旬からは、また株価下落が続いています。これは、新株発行と株式相場の悪化が原因です。新株発行だけならまだ良かったのですが、相場悪化も重なってしまい、ダブルパンチでした。

相場悪化の主な理由は、下記の通りです。

<相場悪化の原因>
・日本での金融所得課税増税が話題に
 ー 株式投資離れ、今のうちに手仕舞いする投資家の増加
・米国でのインフレ加速、テーパリング早期化
 ー 利上げ早期化
 ー 米国長期金利上昇
 → 株式のリターンに対して相対的評価低下
ウクライナの地政学的リスク
 ー ロシアからヨーロッパへの原油・天然ガスの経由地であるウクライナで、戦争勃発か?
 ー ロシアからのエネルギー供給減予測
 → 世界エネルギー価格高騰
 → コロナ感染拡大と併せて、世界経済にダブルパンチ

では、今回の決算内容を確認しましょう。

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、成長株としてQDレーザをみていきます。

したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。そのため、下記の項目に着目します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。そこにも目を通しますが、この記事では重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2022年3月期の第3四半期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。下の表をご覧ください。

四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

QDレーザの四半期業績推移

上の表をもとに、ポイントを絞って説明します。

業績予想の下方修正

最初に、説明しておくことがあります。今回の決算発表と併せて、業績予想の下方修正がされました。

下図をご覧ください。こちらは決算説明資料にありました「通期業績予想の修正並びに営業外収益及び営業外費用の計上に関するお知らせ」です。

QDレーザ、業績予想の修正

見ての通り、期待していたのに、売上高の業績予想は減少してしまいました。

これは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、展示会や面談ベースでの営業活動に支障が出ているようです。マーケティングの仕方が、直接モノを見せないといけないためなのか、この時期では少し難ありのようですね。

進捗率

まず、注目していただきたいのが、進捗率です。上の表と併せて、下図もご覧ください。こちらは決算資料にありました「通期業績予想に対する進捗」です。

QDレーザ、通期業績予想に対する進捗

今期修正された通期業績予想に対して、売上進捗率は74%です。前期の62%よりは上回るペースではありますが、結局下方修正されたので、順調といっていいかどうか。

レーザデバイス事業は進捗率:77%、レーザアイウェア事業は進捗率:41%と、レーザアイウェア事業が伸び悩んでますね。

利益については、今後の設備・成長投資などで大きくなる可能性あるので、そこまで重要視していません。多少、予想を超えてもしょうがないでしょう。

対前年比

次に注目していただきたいのが、対前年比です。

売上高を見てみると、今四半期は前年と比べて、+1%と売上高がほとんど増加していません。上述しましたように、コロナ感染拡大の影響がここにも出てますね。

セグメント別についても確認しておきましょう。

セグメント

では、セグメント別の四半期ごとの売上・利益も見ていきましょう。

下の表をご覧ください。
・セグメント別の四半期売上、四半期利益
・対前年比(%)
・セグメント比率(%)

上記のことを載せています。

QDレーザ、セグメント別四半期業績推移

メインセグメントはレーザデバイス事業です。精密加工用DFBレーザ、バイオ検査装置用小型可視レーザ、センサ用高出力レーザ及び開発受託の受注が増加したことで、累計は前期比で+35.8%なんですが、四半期ベースで見ると、そこまで増加はしていません

アイウェア事業の方は、金融機関向け販売により増加しました。累計は前期比+14.8ですが、四半期ベースで見ると、前期比-74%と減少しています。今後成長期待しているのはこちらの事業です。販売が徐々にされてきています。今後も製品開発と販路拡大に期待しています。

受注進捗状況

現時点で今期売上が立てられているのか、受注状況についても確認しておきます。下図をご覧ください。こちらは、決算説明資料にありました「受注進捗状況」です。

QDレーザ、受注進捗状況

3Q時点で今期の88%分の売上高は確保できている受注状況ですね。といっても、下方修正された数値なので、順調といっていいのかどうか。

売上高+売上高予定受注残高は、前期3Q時点で668百万円、今期3Q時点で961百万円。前期比で+43.8%とこれは好感持てますね。

では、最後に将来性はまだあるのかについて解説します。

将来性

将来性について確認しておきましょう。

下図をご覧ください。こちらは決算説明資料にありました「成長ポテンシャル」についての資料です。

QDレーザ、中長期成長ポテンシャル

見てみると、次のことが分かります。

短中期的にはレーザアイウェア事業が伸びてくる
中長期的にはレーザデバイス事業が伸びてくる

また、図からQDレーザの成長インパクトとして予想されるのが、

・22年度後半にレーザアイウェア商品の新製品低コスト量産
・21年度以降、現在日米欧9社と共同開発しているものが順次製品化
・25年度にレーザアイウェア商品が累計10万台販売

と、しばらくはレーザアイウェア事業がQDレーザを引っ張っていくことになりそうです。世界的に拡販されることに期待しています。ただ、このアイウェア商品が今コロナ禍で思うようにマーケティングできないのが現状です。この計画も遅れる可能性があるかもしませんね。

期待しているレーザデバイス事業の量子ドットレーザ分野ですが、下図をご覧ください。こちらは、決算説明資料にありました「更なるTAM拡大の可能性」についての資料です。

QDレーザ、更なるTAM拡大の可能性

図を見ていただくと、外周回りもQDレーザ製品が展開する領域です。先端技術と言える製品のものばかりが並んでいることが分かります。まだ、広く市販化されているものが少ないですが、今後これらの製品が一般的なものになれば、QDレーザの需要も高まると感じています。

したがって、QDレーザは将来性があると言えます。

しかし、コロナ禍により、短中期的な成長ドライバーであるレーザアイウェア事業が伸び悩んでいます。ここがキャッシュカウになり、またレーザデバイス事業の成長投資に使うことも考えられます。ということは、レーザアイウェア事業の成長の遅れは、QDレーザ全体の成長の遅れにつながる恐れがあります。

以上のことより、まだQDレーザの本来のポテンシャルが業績に現れるまでは、まだしばらく時間がかかりそうです。そのため、短期的にはまだ株価も下がる可能性もあり得ます。

QDレーザは日本国内だけでなく、海外との共同開発や海外からの受注があります。それはつまり、世界的に技術力が評価されているということと言えます。「そういうグローバルに存在感のある企業は今後伸びてくるだろう」と感じています。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<決算内容>
・業績予想の下方修正
・受注状況は、対前期比で大きく成長
 ー しかし、レーザアイウェア事業のマーケティングがうまくいっていない
 ー 成長の遅れ

<将来性>
短中期的にはレーザアイウェア事業が伸びてくる
中長期的にはレーザデバイス事業が伸びてくる
 ー 成長インパクトにはアイウェア商品の世界拡販/量子ドットレーザ分野の製品化が必要
 ー キャッシュカウとなるであろうレーザアイウェア事業が伸び悩み
 → 全体の成長の遅れにつながる可能性
 → 業績に現れるまでは、しばらくは時間かかりそう
※世界的に技術力が評価されているので、長い目で期待したい

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、株価が下落するQDレーザの決算を分析し、将来性はまだあるのかを解説しました。

当ブログとしては、注目している銘柄の一つです。ただ、コロナ禍で思うように営業活動ができていない感じですね。やはり製造業には、新型コロナ感染拡大は影響が大きいです。

ただ、量子ドットレーザ分野への期待もしていますが、ウェアラブルとしてのアイウェア製品の開発にも期待しています。世界から見ても高い技術力だと思うので、今後の成長を気長に見守りたいです。

いかがでしたか?参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

他の銘柄の最新決算分析を読みたい場合は、下の記事でまとめています。

現在、ブログを更新中です!

このブログでは、平凡サラリーマンである僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、サラリーマンの方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

当ブログでは、注目銘柄の目標株価を算出しています。気になる方は、下の記事をご覧ください。

また、当ブログでは「小型成長株投資」をメインにしています。サラリーマンの方にオススメできる小型成長株投資法の解説については、下の記事からどうぞ。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「投資を始めたい」「サラリーマンでも投資できるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント