【テーマ分析】コロナ禍で明暗分かれる!?ドラッグストア関連+おすすめ銘柄

毎日ブログ30投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさん、ドラッグストアについてご存知ですか?

「知っている、毎日行ってるよ!」
という方もいらっしゃると思います。
そんなドラッグストアですが、コロナ禍で特需を受けているのはご存知ですか?
これは、ご存知の方も多いと思います。
しかし、どこもコロナ特需ではない、と知ってましたか?

今回は、コロナ禍で明暗分かれたドラッグストア関連銘柄について分析したので結果を発表します
また、最後にドラッグストア関連の中からおすすめの銘柄を紹介します!

この記事は、
・コロナ禍以降にも伸びるテーマが知りたい
・ドラッグストアについて知りたい

・自分で選べないから、おすすめ銘柄を知りたい
上記のような方におすすめです!

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

背景・市場

ドラッグストアとは

ドラッグストアとは、医薬品をはじめ医薬部外品・化粧品・日用雑貨・飲料などを販売する小売店のことです。
販売対象の医薬品の中には、「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」の三種類があります。
・第一類医薬品 ー 自由に手に取ることができない場所に置いてあり、薬剤師からの情報提供を受けないと購入できない。
・第二類医薬品 ー 薬剤師または登録販売者は、情報提供に努めなければならない。
・第三類医薬品 ー 薬剤師または登録販売者による情報提供についての義務はないが、疑問点などがあれば積極的に説明を受けられる。

住宅街の近隣に出店し、日用品や医薬品、さらには食料品などを扱うことで、消費者の生活を支えています。

医薬品に加え、日用品・食料品があることで、医薬品のついで買いしちゃいますよね!
僕もこないだ、湿布を買いに行ったら、まんまとお菓子を買ってしまいました!

そんなドラッグストアですが、コロナ禍で明暗が分かれているようです!
下の表をご覧ください。
ダイアモンド・ドラッグストアが出している「主要ドラッグストア第一四半期業績」の表です。
主要8社のうち、マツキヨ、ココカラの業績が落ちていることが分かりますね!

ダイアモンド・ドラッグストアより

<明暗を分けた理由>
【好調】ドラッグストア
郊外や住宅地に比較的大型の店舗を展開。
薬やヘルスケア用品の他に食品を販売したり、調剤薬局を併設。

【不調】ドラッグストア
都市型店舗が中心。
インバウンド向けの免税品や化粧品の販売を強み。

次は、市場成長について説明します。

ドラッグストアの市場

下の表と図をご覧ください。
山田コンサルティンググループ株式会社が出している「主要プレーヤーの市場シェア」です。
市場規模全体として、7兆円超えの大規模です。
見て分かるように、独占・寡占しているような企業はありませんね!

主要プレーヤー / 山田コンサルティンググループより
市場シェア / 山田コンサルティンググループ株式会社より

次に、下の図をご覧ください。
山田コンサルティンググループ株式会社が出している「ドラッグストアの市場規模推移(推定)」です。
見て分かるように、右肩上がりですね!
市場は成長しそうですね!
シェア自体は伸ばさなくても、市場の成長に乗れれば、企業も成長するでしょう。

市場規模推移(推定) / 山田コンサルティンググループ株式会社より

ドラッグストア関連のファンダメンタル分析

当ブログ調べでは、ドラッグストア関連は24銘柄ありました。
下の表のようにまとめました。
(モザイクなしの銘柄リストが見たい!という方は、「さいごに」をお読みください。)

当ブログ調べ

<中央値算出結果>
・時価総額     :2319億円
・営業利益率    :4.04%
・売上成長率    :5.92%
・営業利益成長率  :9.18%
・予想売上成長率  :3.22%
・予想営業利益成長率:3.21%
・自己資本比率   :43.9%

・予想PER      :21.4倍
・PBR        :2.04倍
・ROE        :11.05%
・予想配当利回り  :1.37%

調べてみましたが、
関連銘柄全体としては、比較的成長しているようですね。
上述した市場成長性より、これはコロナ禍による特需ではなく、市場の成長によるものだと考えています!
今後も伸びるテーマだと感じてます!

その中から、「ドラッグストア関連で選ぶなら、コレ!」という厳選したおすすめ銘柄を紹介します。

おすすめ銘柄

当ブログでは、小型成長株をターゲットとしています。
そんな当ブログが、ドラッグストア関連銘柄の中から、オススメするのは、

キリン堂ホールディングス(3194)です。

キリン堂ホールディングス|トップ
株式会社キリン堂ホールディングスの公式サイトです。企業情報、IR情報、グループ関連企業の紹介などを掲載しています。

<基本情報>
市場  :東証一部
設立  :2014年
上場  :2014年
時価総額:310億円

<特色>(※四季報より)
関西圏でシェアのドラッグストア。
中国は小売から卸売りにシフト。14年持株会社化。

<選定理由>
時価総額が小さく、営業利益率の成長がとても高かったので、選定しました。
プライベートブランドの売行きが好調のために営業利益率が伸びているようです!
プライベートブランドが上手くいく企業は強い、と実感しているので今後に期待ですね。

ぜひ、ビジネスモデルや業績などを一度詳しく調べてみてはいかがでしょうか?
また、時価総額にこだわらなかったり、バリュー投資目線なら、他にも良い銘柄はあると思います!

さいごに

今回は、コロナ禍で明暗分かれたドラッグストア関連銘柄分析結果とおすすめ銘柄を紹介しました。

いかがでしたか?
ドラッグストア関連について、少し理解できましたか?
少しでも、理解が深まっていただけたら幸いです。

当ブログでは、小型成長株をおすすめしましたが、時価総額にこだわらなかったり、他の視点で見れば、他にも良い銘柄はあるはずです。

今回、「ドラッグストア関連の中から選ぶなら、コレ」という視点で選んでます。
しかし、株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

<銘柄分析リストについて>
「この表をもとに自分でも銘柄探したい」
「どんな銘柄があるか知りたい」

などの理由で、今回作成しました銘柄分析リストが欲しいという方!

モザイクなし銘柄分析リストは下記のサイト<note>からご購入可能です!
お値段は ¥220に設定してます。
「リストをまとめるのに、少し手間と時間がかかってしまったので、この値段だけでも」と思い設定させていただきました。
しかし、返金は可能です。
ご購入後にデータを確認していただき、納得いかないものであれば返金申請をしていただいて構いません!

【テーマ分析 / 一部無料】コロナ禍で明暗分かれる!?ドラッグストア関連<投資家が欲しがる銘柄リスト>|ヒラ / PLAIN MR. 投資と生きる|note
どうもこんにちは、ヒラです。 みなさん、ドラッグストアについてご存知ですか? 「知っている、毎日行ってるよ!」 という方もいらっしゃると思います。 そんなドラッグストアですが、コロナ禍で特需を受けているのはご存知ですか? これは、ご存知の方も多いと思います。 しかし、どこもコロナ特需ではない、と知ってましたか? ...

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント