高配当株投資とインデックス投資、あなたはどちら向き?

投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

長期投資するにあたって、よく直面するのが
「高配当株投資とインデックス投資、どちらがいいの?」
という疑問が出てくると思います。

しかし、その答えとしては、
「向き不向きや、自分の理想のお金の受け取り方による」
というものが多いです。

じゃあ、自分にはどちらが向いているのか、合っているのか。
今回は、果たして高配当株投資とインデックス投資、それぞれのどういう方が向いているについて説明します。

スポンサーリンク

高配当株投資

概要

まず、高配当株投資とは、配当利回りが高い銘柄に投資し、長期に渡り保有し続けることで、配当金による利益を得続ける投資手法です。
目安は、税引き前の配当利回りが3.75%以上(税引き後:3%以上)です。

向いている人

自分で考えて投資をした人
高配当株投資をするためには、自分で銘柄を選び、保有配分も自分で都度調整しなくてはなりません。
そのため、日々のニュースや経済の動向にも目を向けていなければならないかもしれません。
うまくいったら、その分投資は楽しくなるでしょうし、銘柄に愛着も湧いてくるでしょう。
毎年お金を受け取りたい人
毎年、お金が入ってくることになります。
その中から、再投資するのもいいですし、生活を楽にするために使うのもいいと思います。
お金の選択肢があるということが魅力です。

向いていない人

投資知識のない人
上述したように、自分で銘柄を選び、調整しなければなりません。
単純に、配当利回りが高い銘柄だけを買っているだけではいけません。
投資知識がなければ、高配当株にむいた銘柄を選んだり、決算書を読み解いたり、買うタイミングがわかりません。
そうしなければ、高配当株投資はうまくいかないのです。

インデックス投資

概要

次に、インデックス投資とは、指数に合わせた値動きをする投資信託やETFに投資することで、長期で保有することで、その指数の成長によって得られるキャピタルゲインを狙う投資手法です。
最終的には、膨れ上がった投資資産を定額または定率で引き落としていくことになります。

詳しくは、下の記事より

向いている人

投資知識があまりない人
インデックス投資については、ある程度知識がない方でも投資信託を利用し、月々積み立て設定額と、ファンド選定を間違えなければ、ほぼ上手くいくでしょう。
それくらい簡単に始められることができます。
長期投資にはなってしまうので、世界経済全体が落ち込んでしまったら元も子のありませんが。

向いていない人

引き出すまで、資金が拘束されたくない人
インデックス投資では、複利の力でどんどん資金が大きくなっていきます。
そのため、途中で引き出してしまうと、複利が弱くなってしまい、目標金額まで到達できず終わってしまうことがあります。
また、暴落したからといって、積み立てをやめてしまうと、積み立てによる効果も薄れてしまいます。
メンタルを強く投資し続けましょう。
それか、忘れるくらいがいいかもしれません。

さいごに

今回は、高配当株投資とインデックス投資、それぞれのどういう方が向いているについて説明しました。

どちらの場合にしても言えるのは、目標金額を決めてから始めた方が良いです。
「何歳までに、これだけ貯める」
「毎月何万円もらえるようにする」
など決めてから、逆算して始めた方が上手くいきます。

僕の場合は、現在小型株投資をしつつ、積立インデックス投資もしています
会社勤めもしているので、時間をかけるのは小型株投資だけにしようと思い、積立インデックス投資を選んでます。
詳しい投資方法については、下の記事から

ここまで、読んでくださり、ありがとうございます。
少しでも、皆さんのご参考になれば幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

コメント