【ストップ高】HENNGE(ヘンゲ)の決算分析!成長性、復活か?

【ストップ高】HENNGE(ヘンゲ)の決算分析!成長性、復活か?投資・トレード
スポンサーリンク

最新の決算分析については、下の記事で解説しています。
 最新の決算分析を読みたい方は下からどうぞ。

どうもこんにちは、平凡サラリーマン投資家のヒラです。

みなさんは、HENNGE(ヘンゲ)という銘柄はご存知ですか?

SaaS認証基盤を提供している会社です。つまり、クラウド型セキュリティ事業と言え、日本におけるIDaaSの先駆けです。今、社会的な流れとも言えるDX化ですが、そのDX関連株の代表的な銘柄の一つです。

そんなHENNGEですが、5/12の取引時間後に決算発表があり、その翌日に株価はストップ高に。ようやく成長性が戻ったのでしょうか?

ということで今回は、ストップ高になったHENNGE(ヘンゲ)の決算発表を分析し、成長性が復活したのか確認していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
HENNGE(ヘンゲ)についての情報を共有したい
HENNGE(ヘンゲ)の今後について知りたい
・意見交換したい
上記のような方におすすめです!

前回の決算については、以前ブログにて紹介しました。こちらの記事を読むと、業績の推移が分かりやすく、今回の記事が理解しやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

HENNGE(ヘンゲ)の株価チャート

まずは、最近の株価の値動きを確認しておきましょう。

下のチャートをご覧ください。こちらは直近6ヶ月のHENNGE(ヘンゲ)の日足チャートです。

直近6ヶ月のHENNGE(ヘンゲ)の日足チャート

11月中旬に一度大きく下がりました。これは前回の決算が原因でした。大きく下がった後、横ばいになったものの、12月下旬から株価は下降トレンドになってしまいました。

これは相場悪化のためです。11月下旬から相場は悪化していました。しかし、しばらくの間HENNGE(ヘンゲ)は耐えられていたのですが、とうとう12月下旬から耐えられずに下がり始めてしまったのです。

相場悪化の原因は下記の通りです。

<相場悪化の原因>
・日本での金融所得課税増税が話題に
 ー 株式投資離れ、今のうちに手仕舞いする投資家の増加
・米国でのインフレ加速、テーパリング早期化
 ー 利上げ早期化
 ー 米国長期金利上昇
 → 株式のリターンに対して相対的評価低下
ウクライナの地政学的リスク
 ー ロシアからヨーロッパへの原油・天然ガスの経由地であるウクライナで、戦争勃発か?
 ー ロシアからのエネルギー供給減予測
 → 世界エネルギー価格高騰
 → コロナ感染拡大と併せて、世界経済にダブルパンチ

上記のことから、特にグロース株相場が悪化しています。軒並み株安になっており、もちろんグロース株であるHENNGE(ヘンゲ)も、もれなく株価は下がってしまったというわけです。

3月にネットセキュリティ事業が、市場から注目されたことをキッカケに、株価は底をつき、ようやく上がり始めてきたところでの今回の決算発表でした。少しでも株価底上げになることを期待していましたが、期待以上に株価は大幅上昇し、なんとストップ高に!どんな決算内容だったのでしょうか?

では、今回の決算内容を確認しましょう。

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、今後成長が期待できる銘柄の一つとしてもHENNGE(ヘンゲ)をみています。したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。そのため、下記の項目に着目します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。そこにも目を通しますが、この記事では重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2022年9月期の第2四半期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。下の表をご覧ください。

四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

HENNGE(ヘンゲ)の四半期業績推移

上の表をもとに、ポイントを絞って解説していきます。

進捗率

まず、注目すべきは進捗率です。

売上高/営業利益/経常利益/純利益の順に、47/81/78/84%と、2Q時点でこの数値だと売上高は例年通り、利益は順調です。

しかし、利益に関してですが、4月以降にTVCMで広告打ち出すので、結局は通期業績予想通りに落ち着くのではないかと推測しています。

四半期ごとの売上高

注目していただきたいのが、四半期ごとの売上高です。

今四半期は、過去最高の四半期売上高でした。メインサービスのHENNGE Oneは全体の約90%を占め、その中でストック比率は97%程度もあります。そのため、着実に毎四半期売上高を積み上げています。これには好感が持てます。

売上総利益率

さいごに注目していただきたいのが、上の表には載っていませんが売上総利益率です。

代わりに下図をご覧ください。こちらは決算説明資料にありました「売上総利益の推移」です。

HENNGE(ヘンゲ)の売上総利益の推移

見ていただいてわかるように、右肩上がりに四半期ごとに売上総利益が増加しています。そして、売上総利益率は85.1%と高水準です。この水準は、当ブログの体感だと営業利益率:25%以上になるのポテンシャルがあります。

将来が楽しみになりますね。

サービス別

サービス別、特にHENNGE ONEの四半期ごとの売上も見ていきましょう。

下の表をご覧ください。
HENNGE ONEの四半期売上
・対前年比(%)
・売上比率(%)

・HENNGE ONEのKPI

上記のことを載せています。

HENNGE ONEの四半期ごとの売上

メインセグメントであるHENNGE ONEサービスの売上は増加し過去最高の四半期売上高です。前年比で+18%と、前期に比べて少し前年対比の水準は下がってしまいましたね。

KPIであるARR/契約企業数/契約ユーザー数は、最高値です。これについても好感が持てますが、こちらも前年に比べて増加数が落ち着いてきた印象がありますね。

解約率が0.27%です。まだ1%未満なので、とても低い水準ではありますが、少しずつ上がってきているように見えますね。

今後の成長性を計るために、もう少し詳しくKPIについても確認しておきましょう。

KPI

重要指標

KPIは、メインセグメントであるHENNGE ONE事業の
・解約率
・ARR(年間経常収益)

に着目します。

ARR = N(契約社数) × n(平均ユーザー) × ARPU(ユーザーあたり単価)

<HENNGEの成長戦略>
・短期的には契約社数の増加
・中長期ではARPU(ユーザー当たりの年間経常収益)の上昇に注力
 →2021年9月期に変曲点を作り、2022年9月期以降でARPU成長率上昇を目指す

上記達成のためには、ユーザー数が多いこと、解約率が低いことが必要になってきます。
上述した「サービス別」で挙げたユーザー数と解約率について確認しましょう。

ユーザー数と解約率


下図をご覧ください。こちらは今回の決算説明資料にありました「平均月次解約率の推移」「契約企業数と契約ユーザー数の推移」です。

HENNGE ONEの解約率
HENNGE ONEの契約企業数と契約ユーザー数

解約率が、前回に比べて上がっています。上述しましたように、まだ1%未満で、0.27%という数値自体は、非常に低いです。また、理論上の平均契約年数も、前回の約35年から、約31年と短縮されてしまいました。ストック型の収益モデルなので、解約率が低い=契約が続くことが収益の拡大につながるので、この数値は重要です。

契約企業数/契約ユーザー数は堅調に増加しています。広告宣伝の効果があったと考えられますね。中長期的には、この広告費が削減されても安定的な成長ができることに期待しています。

ARR

では、一番重要指標であるARRについて確認しておきましょう。下図をご覧ください。こちらは決算説明資料にありました「ARRとARPUの推移」です。

見ての通り、ARRは過去最高額です。着実に、ARRを伸ばしています。中期的に注力するARPUも堅調に上がっています。好感が持てますね。

では、さいごに成長性は復活したのか説明します。

成長性は復活したのか

成長性は復活したのか説明します。

上述してきましたように、堅調です。成長性は復活したのかどうかというと、少しずつ鈍化してきているように見えます。それのポイントとなるのは、解約率です。もっと細かくいうと、理論上の契約年数です。解約率が高まってきたことで、理論上の契約年数も短くなってきてしまいました。

以前までメインサービスのHENNGE Oneは、対前年比で+20%ありましたが、最近は+19/+18%になってきました。少しではありますが、実際に成長鈍化してきています。

じゃあ、今後どうなるのか?

HENNGE(ヘンゲ)としては、成長率を高めることを下記のように目指しています。HENNGE(ヘンゲ)の成長に不可欠なのが、ARRです。そのARRについて、HENNGE(ヘンゲ)としては下図のような成長目標を掲げています。

HENNGE(ヘンゲ)、ARRの成長目標

現在、HENNGE OneサービスのARRは47.4億円ですが、それを2025年度までにARR:100億円以上を目指しています。そのために、年平均+20%中盤台にするようです。

ただ、今の上述してきたように、まだ+20%弱の水準です。これからどうやって、年平均+20%中盤台に乗せてくるのか注目です。

※ちなみに、この数値の時の目標株価については、下の記事で解説しています。これも底堅さの理由の一つになりますね。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<決算内容>
・順調な進捗率
・四半期売上高は過去最高額
・KPI:契約企業数/ユーザー数/ARRは増加、解約率は少し悪化

<成長性は復活したのか>
・少しずつ鈍化
 ー 解約率も徐々に悪化してきている
 → ただ今後、ARR年平均成長率+20%中盤台まで上げる見込み

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、ストップ高になったHENNGE(ヘンゲ)の決算発表を分析し、成長性が復活したのか確認しました。

毎回決算を見ていても、なかなか堅実だと感じています。解約率も低い上に、ストック売上比率も90%近い。さらに、売上成長率も+20%程度もあります。しかし、まだ成長目標の指標となる「ARR年平均成長率+20%中盤台」になっていません。ここの水準に乗ってこないと、もしくは、乗せてくるような施策・戦略がないと、まだ2025年度の成長目標も信じきれませんね。

いかがでしたか?参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

他の銘柄の最新決算分析を読みたい場合は、下の記事でまとめています。

現在、ブログを更新中です!

このブログでは、平凡サラリーマンである僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、サラリーマンの方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

当ブログでは、注目銘柄の目標株価を算出しています。気になる方は、下の記事をご覧ください。

また、当ブログでは「小型成長株投資」をメインにしています。サラリーマンの方にオススメできる小型成長株投資法の解説については、下の記事からどうぞ。

さらに、こちらのTwitterアカウント「ヒラ / PLAIN MR. 投資ブログ」をフォローすると、ブログ更新状況注目銘柄のその日の値動きの理由が分かります。ぜひ、こちらもチェックしてください。

–>ヒラ / PLAIN MR. 投資ブログ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「投資を始めたい」「サラリーマンでも投資できるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント