【小型成長株投資のススメ】適した銘柄の見つけ方を解説

毎日ブログ201投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、平凡サラリーマン投資家のヒラです。

みなさんはどんな投資法をしていますか?当ブログは、小型成長株をメインにしています。

「小型成長株って、値動き激しいんでしょ!」「損するとき、大きくしそうで怖いです!」
と感じる人も多いでしょう。

でも、当ブログは小型成長株投資をするのです!

その理由は、以前の下の2記事で、小型成長株投資の特徴、さらにはサラリーマンにオススメな理由も説明しました。ぜひ参考にしてみてください。

「小型成長株の特徴は分かった」「小型成長株投資、やってみたい」

そんな方が、次に気になるのが適した銘柄の見つけ方・銘柄選択の仕方・銘柄スクリーニングの数値ですよね!

というわけで今回は、小型成長株投資に適した銘柄の見つけ方を解説していきます!

この記事は、
・小型成長株に適した銘柄を知りたい
・小型成長株投資について知りたい
・投資について意見交換したい
上記のような方におすすめです!

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

小型成長株投資に適した銘柄

まず、ザクっと説明します。小型成長株投資に適した銘柄を下記の通りです。

<小型成長株投資に適した銘柄>
・時価総額が小さい
・成長性が高い
・継続性や将来性がある事業

時価総額が小さい

以前の記事でも説明しましたが、時価総額が小さい方が株価が2倍、3倍になりやすいと言えます。さらに時価総額が小さい小型株だと値動きが大きいので、一気に株価が上がる可能性があります。

成長性が高い

成長性が高いことで、株価は上がりやすくなります。これが小型株と組み合わさることで、より株価は値動きが大きくなり、株価が上がるときはより大きく上昇します。

継続性や将来性がある事業

その成長性が将来的にあるか、継続できないといけません。株価は「期待の現れ」でもあります。未来に向けて利益成長するという期待値が株価でもあるのです。その成長性の継続性・将来性に関係するのが、銘柄の事業内容となります。果たして、その事業は一過性のものではなく、継続性・将来性があるべきです。

では、具体的な数字を交えて、小型成長株投資に適した銘柄の見つけ方を後述します。

小型成長株投資に適した銘柄の見つけ方

ここからは上述しました概要をもとに、具体的にスクリーニングする基準となる数値について説明します。

その基準は下記の通りです。

<スクリーニングする基準となる数値>
・時価総額:300億円未満
・売上高成長率:+20%以上
・上場から5年未満
・事業内容:独自性 / 継続性 / 将来性

では、それぞれについて説明します。

時価総額:300億円未満

時価総額はできる限り小さいことが望ましいです。

例えば、時価総額100億円の企業Aと時価総額1兆円の企業B、どちらの企業が2倍の規模に成長しやすいと思いますか?

そうですよね、時価総額が小さい企業Aですよね!

当ブログでは、300億円と設定しました。なぜかというと、株価が2、3倍になることを考えると、「時価総額が2、3倍になった時に1,000億円未満」という数値を目安にしてみました。最大でも500億円とします。

売上高成長率:+20%以上

売上高成長率に重きをおきました。なぜなら、売上が業績のベースとなるからです。

売上が大きくなっていかないと、利益率が改善されても限界があります。利益率が例え99%になっても、売上が毎年一定なら、それ以上は利益が増えません。だから、利益が増加するためには、ベースとなる売上が増加すべきです。

ここで、「じゃあ、利益成長率で見ればいいのでは?」という声も出てくるかと思います。

そこも悩みましたが、最近のハイテクグロース株の中には、赤字だけど2,3倍に留まらずテンバガーになった銘柄も実際あります。そういう銘柄は「今は赤字だけど、将来的にこれくらいの利益を生み出すポテンシャルがある」と見込まれているのです。だから赤字でもテンバガーになる銘柄もあるのです。小型成長株には若い企業が多く、そういう赤字企業も多いので、利益成長ではなく、売上高成長に着目しました。

「20%」という数値ですが、こちらは売上が2倍になるまでのかかる年数を4年と仮定すると、20%と割り出しただけです。30%成長なら、約3年で売上が2倍になります。日本株市場では、一般的に+20%以上の売上高成長率は、「成長率が高い」とされています。

ただ、売上が2倍になったからといって、単純に株価も2倍になるわけではありませんが、目安として設定しています。

上場から5年未満

上場して間もない銘柄の方が成長に勢いがあるようで、2倍株になりやすいようです。

これについては、過去の記事にて解説しています。下の記事をご参考ください。

事業内容:独自性 / 継続性 / 将来性

この事業内容が選定するときに、一番難しいです。長期的な成長が期待できないと、資金は多く集まらないので株価は大きく上がっていきません。

例えば、「来期は+50%成長だけど再来期以降はどうなるか分からない企業A」と「今後市場は拡大するし来季以降+20%成長が堅い企業B」のどっちに投資したいですか?

そうですよね、今後の成長の見通しが立つ企業Bですよね!

その長期的な成長を見極めるために、見ないといけないのが事業内容なのです。長期的な需要がある事業なのか、競合に勝ち続けられる事業なのかなどを分析します。

したがって、社会情勢や流行にも敏感でないといけませんし、事業のビジネスモデルの分析もしなくてはいけません。数値などの明確な基準がないために難しいのです。

こちらはあくまで一過性のモメンタムではなく、長期的な目線で判断します。参入障壁の高い事業や市場成長が著しい事業、今後需要増加が見込める事業など、探してみてください。

まとめ

以下、今回のまとめです。

<小型成長株投資に適した銘柄>
・時価総額が小さい
・成長性が高い
・継続性や将来性がある事業

<スクリーニングする基準となる数値>
・時価総額:300億円未満
・売上高成長率:+20%以上
・上場から5年未満
・事業内容:独自性 / 継続性 / 将来性

銘柄の選び方がわかったら、次に気になるのは、買い時や売り時、損切り、保有期間などの実践法ですよね。それについては、下の記事で解説しています。

さいごに

今回は、小型成長株投資に適した銘柄の見つけ方を解説しました。

当ブログは、少しでも早く資産形成をしたいと考えています。いろんな投資法を試してみましたが、この投資法が一番早く資産形成できると感じました。

もちろん、ハイリスクなので損するときは大きいです。しかし、そこは銘柄分析の精度を増すことと、早めの損切りを心掛け、被害は最小限にすることを意識しています。そして、利益は大きくとります。

「短期中期トレードの方が、資産形成が早い」という人もいますが、人には向き不向きがあります。皆さんも自分にあった投資法を見つけてみてください。

当ブログでは「小型成長株投資」をメインにしています。サラリーマンの方にオススメできる小型成長株投資法の解説まとめについては、下の記事からどうぞ。

いかがでしたか?参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

ご意見やアドバイスありましたら、いただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、ブログを更新中です!

このブログでは、平凡サラリーマンである僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、サラリーマンの方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

注目銘柄の最新決算分析を読みたい場合は、下の記事でまとめています。

また、当ブログでは、注目銘柄の目標株価を算出しています。気になる方は、下の記事をご覧ください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「投資にチャレンジしたい」「サラリーマンでも投資できるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント