【NITTOKU】将来性高い!プロが選ぶ小型成長株!成長性を解説!

毎日ブログ234投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、NITTOKUという銘柄はご存知ですか?
巻線機、巻取り・繰出し機器及びその周辺機器の開発、製造、販売、サービスをしている企業です。
5Gの普及」「自動車の電動化/EV化」「生産の自動化」といった設備投資需要が世界的に拡大しているので、将来性に期待できると考えています。

NITTOKUですが、将来性を見込まれ、プロに選ばれている銘柄のひとつです。
「なぜプロに選ばれている」と分かるのかについては、下の記事で解説しています。
NITTOKUの他にもプロに選ばれている銘柄も紹介していますので、気になる方はご覧ください。

というわけで今回は、NITTOKUの将来性・成長性を測るために、主に直近決算を分析していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
・NITTOKUについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

現在のチャート確認

下のチャートをご覧ください。
現在のNITTOKUのチャートです。

2021年2月に上がり続けていた株価は下げ始め、2/10の決算を機にさらに下げました。
そして、相場の影響もあり、もっと大きく下落してしまいました。
その後、低迷が続いています。
これは成長性があると言えるのでしょうか?

この相場の理由に関しては、下の記事で解説しています。
こちらを読むと、日本株が「なぜ下げたのか?」だけでなく、「今、買い時なのか?」も分かります。
ぜひ読んでみてください。

成長性をはかるために、直近の決算内容を確認しましょう。

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、今後成長が期待できる銘柄の一つとしてもNITTOKUをみています。
したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
そのため、下記の項目に着目します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、この記事では重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2021年3月期の通期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

<来期業績予想>
まず注目したいのが、来期業績予想についてです。
過去を見てみると、来期予想と比べても2018、2019年度の方が業績が良かったです。
これでは成長性があるとは感じられませんね。
コロナ禍によって設備投資を中止・見送る顧客が出たことで、ここ最近の業績が芳しくないのでしょう。

では、セグメント別にもみておきましょう。

セグメント

セグメント別の四半期ごとの売上・利益も見ていきましょう。
下の表をご覧ください。
・セグメント別の四半期売上、四半期利益
・対前年比(%)
・セグメント比率(%)

上記のことを載せています。

製造業のため、やはり四半期ごとの収益にはバラツキがありますね。
メインセグメントの「ワインディングシステム&メカトロニクス」は、2021年度では上述しましたようにコロナ禍の影響で収益は落ち込んでいます。
果たして、これから伸びていくのでしょうか?

中長期ビジョンについてみておきましょう。

中長期ビジョン

下図をご覧ください。
こちらは2020年度の通期決算説明資料にありました「中長期ビジョン」についての資料です。

こちらを見ると、3〜5年以内に売上500億円を目標としています。
V字回復を狙っているようです。
確かに「5Gの普及」「自動車の電動化/EV化」「生産の自動化」といった設備投資需要が世界的に拡大しているので、将来性に期待ということでしょう。

<目標株価>
では、ここで目標株価を考えてみます。
PERから算出してみます。
まず、売上500億円になると、純利益がいくらになるか計算します。
過去の実績をもとに、良い実績だった時が純利益率9%でした。
なので、売上500億円になると、純利益は45億円になると仮定します。

<現在>
株価:3,555円
予想純利益:1,850百万円
予想PER:34.7倍

<3〜5年以内の目標株価>
予想純利益:4,500百万円(仮定)
予想PER:20倍(仮定)
目標株価:4,984円

以上より、中長期ビジョン通りにいけば、株価上昇の余地がありそうです。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<決算内容>
・業績は悪い
 ー コロナ禍の影響で、設備投資する顧客の減少のため

<中長期ビジョン>
・3〜5年以内に売上高500億円目標
 ー 「5Gの普及」「自動車の電動化/EV化」「生産の自動化」といった設備投資需要の拡大を見込む
 ー 目標株価を計算すると、株価上昇の余地あり

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、NITTOKUの将来性・成長性を測るために、主に直近決算を分析しました。

中長期ビジョン通りにいくかを個人投資家としては見極めて買うべきです。
プロが選んでいるので、そこらへんの実現性を見てはいるのでしょうが、自分で考えてから買いましょう。
知らない銘柄を調べる機会になって良かったです。
自分が知らない企業も調べてみると、掘り出し物がありますね。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント