【日本株、大幅下落】なぜ株価は下がったのか?ここは買い時か?

毎日ブログ213投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさん、保有株の調子はどうですか?
当ブログは絶不調です。
今日は、日本株は大きく下げているので、より下がっています。

ただ、ここまで大きな下げを見ると、
なぜ、こんなにも下げてしまったのか?
この大幅下げは買い時なのか?
ということが気になってきますよね。

というわけで今回は、日本株が下落している理由この下げは買い時なのかを解説していきます!

この記事は、
・なぜ日本株が下がっているのか知りたい
・日本株投資家として共感したい
・投資について意見交換したい
上記のような方におすすめです!

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

主要指数をチェック

日経平均

主要指数の値動きを見ておきます。

まずは日経平均からを見てみましょう。
下のチャートをご覧ください。
こちらは直近6ヶ月の日経平均の日足チャートです。

今日、なんと900円下げで、前日比で-3.08%です。
1日で3%も下げるなんて、そうそうありません。

続いて、他の指数も見てみます。

TOPIX

続いては、TOPIXを見てみます。
下のチャートをご覧ください。
こちらは直近6ヶ月のTOPIX連動ETF(1348)の日足チャートです。
※値動きはほぼTOPIXと変わりませんので、便宜上こちらを用います。

TOPIXも、前日比で-2.37%です。
チャートのロウソク足を見てもらえれば分かりますが、大幅に下げています。

最後に、マザーズ指数についてもみておきましょう。

マザーズ指数

最後に、マザーズ指数を見てみます。
下のチャートをご覧ください。
こちらは直近6ヶ月のマザーズ指数連動ETF(2516)の日足チャートです。
※値動きはほぼマザーズ指数と変わりませんので、便宜上こちらを用います。

マザーズ指数も、前日比で-3.46%です。
4月下旬から下げ続けていましたが、今日でさらに大幅に下落しています。

相場状況の確認

上述してきましたチャートから分かることは、下記の通りです。

<相場状況の確認>
・今まではマザーズ下落から、グロース株離れであることが分かる
・しかし、今日の下落では、日本株全体が売られたことが分かる

上記のことが分かります。

では、日本株市場全体が下落している理由を分析します。

日本株下落の理由

米国株市場を確認

日本株市場は、米国株市場の影響を大きく受けます。
そのため、米国株市場を確認しておきましょう。

下図のチャートをご覧ください。

ダウ/日足チャート
S&P500/日足チャート
NASDAQ/日足チャート

見ての通り、前日の米国株市場が下げていることが分かります。
ダウ:前日比-0.10%
S&P500:前日比-1.04%
NASDAQ:前日比-2.55%
特に、ハイテク株は下落続きで、前日も大きく下げました。

なぜ、下落したのか解説します。

米国株下落の理由

これには、インフレの高まりや金利上昇の可能性があるからです。
この警戒感から、投資家の株式離れが起きているようです。

なぜ、そのような可能性が出てきたかというと、好調な経済指標と決算から、その懸念が生まれているようです。
米国の雇用状況が急速に回復しています。
これには、ワクチン接種の加速とともに、コロナ禍で厳しかったサービスや飲食店などが活動再開し始めたことで、人手不足してきていることが要因のようです。
さらに、株価の上下ありましたが、米国主要企業であるGAFAの決算は好調でした。

以上の理由により、米国株は下落をしているのです。
そして、それが、日本株へ大きく影響しています。

金利と株価の関係については、以前の記事で説明しています。
こちらを読むと、より分かりやすいです。
ぜひ、下の記事を読んでみてください。

では、今は買い時かどうか考えてみます。

今は買い時か?

下のチャートをご覧ください。
こちらのサイトからの引用です。
赤線が日経平均株価のチャートで、緑の範囲が適正水準とされているPER14〜16倍の時の日経平均株価です。
2009年9月から現在までのチャートです。

4月までは、日経平均のPERは20倍以上ありましたが、今日でPERは17.9倍まで落ち込みました。
過去を見ると、おおよそ日経平均は適正水準であるPER14〜16倍の株価に収まっています。
適正水準と比べると、今の株価は割高と言えます。
そのため、下がる余地はまだあると見えます。

ただ、良いニュースもあります。
米国のキャピタルゲイン課税の適用については、後ろ向きなニュースが出ていますし、FRBも金融緩和を当分続けることになりそうです。
そのため、この下げは一時的な下げになる可能性があります。

今週は決算発表のピークです。
ここで、好決算が次々出てくるようであれば、来週からまた上がり始めるでしょう。
好決算が少ないようであれば、割高感から相場軟調が続くことになるでしょう。
好決算が出た銘柄については、買うのはアリです。
ただ、他の銘柄の決算などを見極めた上で、相場の動きを予測してからにします。

無難なのは、今週中は待って、来週の株価の動きを見てから買ったほうが良いです。

<グロース株>
また、グロース株についても注目しておきます。
当ブログは小型成長株をメインにしているので、グロース株についてピックアップしておきます。
グロース株は、今はトレンドではないので、買うのはできる限り避けたほうが良いです。
特に、相場の影響を受けやすい短期や中期投資の方は控えたほうが良いでしょう。
しかし、好決算が出た銘柄に関しては、トレンドを超える勢いだと感じたら買うのはアリです。
長期投資の方も、焦って買うよりは、決算を見てから動いても遅くはないでしょう。

と言っても、最近グロース株は下がり続けているので、買いたくなる気持ちは分かります。
そんな方は「これは絶対良い決算が来る」という自信のある銘柄なら買っては良いのではないでしょうか?

まとめ

以下、今回のまとめです。

<相場状況の確認>
・今まではマザーズ下落から、グロース株離れであることが分かる
・しかし、今日の下落では、日本株全体が売られたことが分かる

<日本株市場低迷の理由>
・米国株市場のため
 ー 米国株市場も全面安
 ー インフレの高まりや金利上昇の可能性から

<今は、買い時か?>
・適正水準より日経平均は割高
 ー 下げの余地あり
・米国では、良いニュースもあり
 ー キャピタルゲイン課税の適用については、後ろ向き
 ー FRBも金融緩和を当分続ける
今回の下げは一時的な可能性あり

・今週は決算発表のピーク
 ー 好決算が多ければ、来週以降に株価は上がり始める
好決算が出た銘柄については、買うのはアリ
 ただ、他の銘柄の決算などを見極めた上で、相場の動きを予測すること

今週中は待ち、来週の株価の動きを見てから買うのが無難

さいごに

今回は、日本株が下落している理由この下げは買い時なのかを解説しました。

今の相場はどちらにも転ぶ可能性があります。
下がり続けるのか、または、この下げは一時的なのか。
なので、慎重に判断しましょう。
とりあえず今は、決算の分析をして、良い銘柄を見つけることに集中しておくのが吉かもしれません。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

ご意見やアドバイスありましたら、いただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント