【カナミック】決算発表!下落中の株価は上がるのか?決算を解説

毎日ブログ209投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、カナミックという銘柄はご存知ですか?
クラウド利用によって地域包括ケアを実現させる会社です。
最近、株価はずっと下落中です。
果たして、決算発表を機に株価下落は止まるのか?
さらには、上がり始めてくれるのか、気になるところです。

今回は、株価が下落中のカナミックの決算発表を分析していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
・カナミックについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

この銘柄の前回の決算については、以前ブログにて分析しました。
前回の決算が気になる方は、下の記事をご覧ください。
こちらの記事を読んでから、本記事を読むと理解しやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

現在のチャート確認

下のチャートをご覧ください。
現在のカナミックのチャートです。

見ての通り、緩やかに株価は下がり続けています。
カナミックは、グロース株なので相場の影響を受けて、下がり続けているようです。
PERを見ると、現在の株価666円に対して、62.9倍と割高です。
今は、バリュー株のターンなので、グロース株から資金が逃げていっているのです。
ただ、決算がよければ、少しは株価の底上げになるはずです。
この状況が、決算発表で変わるのでしょうか?

では、今回の決算内容を確認しましょう。

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、小型成長株の対象としてカナミックをみています。
したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
株価は右肩上がりなのはわかりましたが、それが決算に反映されているためなのか確認します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、ブログでは重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2021年9月期の第2四半期の決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

まず、先にお伝えしておくことがあります。
それは通期業績予想が上方修正されました。
介護保険法改正を見越した顧客需要の伸びに伴い、クラウドサービスが好調に推移したようです。
上表の数値は、それを反映しています。
もう上方修正というニュースだけで、株価は上がるでしょうが、もう少し詳しく見ておきます。

注目していただきたいのは、進捗率です。
上方修正されても、それぞれの進捗率は50/52/53/45%となっています。
純利益が45%ではありますが、それでも上方修正されているので、おそらく通期予想は達成するのでしょう。
そのため、そこまで心配しなくても良いです。

ただ、四半期ベースで前年比と比べると、あまり増加していません
累計で見ると、前年比では成長が見られるのですが、四半期だとあまり増加していません。
ストック型のビジネスなので、もっと積み重なって欲しい気持ちはあります。
詳細は次の「サービス別」で確認します。

では、サービス別についても、見ておきましょう。

サービス

サービス別の四半期ごとの売上・利益も見ていきましょう。
下の表をご覧ください。
・主な事業内容
・サービス別の四半期売上
・累計対前年比(%)
・サービス比率(%)

上記のことを載せています。

「クラウド」は安定的に売上が増加しています。
メインサービスであるクラウドサービスは、ストック型の事業であるため、ここが積み重なっていることが、カナミックの成長基盤として重要です。
では、前年比でなかなか上がっていない原因はというと、「その他」と「プラットフォーム」が上がっていない点です。
こちらはストック型ではないために、収益に変動性があります。
その影響がたまたま出た、と感じました。

では以上を踏まえまして、最後に株価への影響はどうなるか考えてみました。

株価への影響

今回の決算は、業績の上方修正も出たことで、好感が持てるはずです。
短期的には、株価は上がることが推測できます。

しかし、相場としてはグロース株離れが言われています。
そのため、株価の上昇も一時的でしょう。
ただ、株価の底上げにはなるので、下げ幅は決算発表前よりは小さくなります。
他にも、少なからず介護業界は新型コロナの影響を受けているみたいです。
今のところ、影響は軽微みたいですが、長引けば影響は出てくるでしょう。

長期的に見れば、各省庁との共同プロジェクトに参加していますし、これからの社会の需要を考えても伸びる銘柄と感じています。
したがって、長期的で見れば、株価は上がると当ブログでは見ています。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<決算内容>
通期業績予想の上方修正
・メインのクラウドサービスが堅調
 ー 好感が持てる内容

<株価への影響>
上記の決算内容の反応が株価に影響
 →短期的に株価は上がる
 ー ただ、現在の相場はグロース株離れなので、また下落する可能性
 ー 長期で見れば、社会の需要は増えるので伸びる銘柄

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、株価が下落中のカナミックの決算発表を分析しました。

当ブログとしては、好感が持てる決算だと感じました。
上述もしましたが、現在の相場はバリュー株のターンです。
カナミックもPERを見れば、割高ですので、影響を大きく受けています。

期待しているところは、コロナ収束した時の上げを狙っています。
政府との共同プロジェクトもありますし、需要も伸びてきます。
長期的な株価上昇も狙える銘柄だと考えています。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント