【MDV】今後期待の医療ビッグデータ!将来性と成長性を解説!

毎日ブログ247投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、MDVという銘柄はご存知ですか?
新型コロナ感染拡大を受けて、社会的に医療や医薬品に対しての関心は高まっています。
タイトルにあるように、これから医療ビッグデータに注目が集まっています。

そんなMDVですが、四季報オンライン新興株50に選出されました。
新興株50とは、期待の成長株の中でも、人気の高い銘柄のことです。

というわけで今回は、新興株50に選出されました、今後期待の「医療ビッグデータ銘柄」のMDVの将来性と成長性を解説していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
MDVについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

現在のチャート確認

下のチャートをご覧ください。
現在のMDVのチャートです。

2021年2月中旬に株価は大きく下がり、その後株価は低迷中です。
今後株価はどうなるのか、また上がるのでしょうか。
そして、将来性や成長性はどうなのか。

ではまず、詳しく成長性を測るために、直近の決算内容を確認しましょう。

成長性:決算内容より

決算のみどころ

当ブログでは、「成長できる銘柄かどうか」でMDVをみていきます。
したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
そのため、下記の項目に着目します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、この記事では重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2021年12月期の第1四半期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

まず、着目したいのは、今期業績予想です。
売上は+18%とまずまずの成長率です。
営業利益率も22.2%と非常に高いです。

上記の表からについては感じられました。
業績の推移から成長性があり、毎年の営業利益率の高さからビジネスの効率性はありそうなことが分かります。

成長性があるのは分かりますが、ビジネスモデルや事業の将来性について確認しておきましょう。

将来性:ビジネスモデル・事業概要

まず、医療ビッグデータについては、下のMDVホームページにある「医療ビッグデータ」についてをご覧ください。

医療ビッグデータの利活用 | メディカル・データ・ビジョン株式会社(MDV)
医療ビッグデータの利活用についてのページです。メディカル・データ・ビジョン(MDV)では医療・健康分野のICT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)を促進するソリューションをご提供しております。

簡単にいうと、医療・診療データを収集・蓄積し、製薬会社や研究所にフィードバックすることで、創薬や医薬品の改良、病気のメカニズムの解明、安全性の監視に役立てようという動きが日本でも本格化しつつあるのです。
こうなると、より安全で便利な社会になると想像できますよね。
そのために、今社会では、医療ビッグデータに対しての動き・取り組みが動いています。

下図をご覧ください。
こちらはMDVのホームページにありました「事業概要」についての資料です。

MDVは、医療情報の発生元の1つである病院に向けて、病院の経営を支援するシステムを提供します。
それと同時に、病院もしくは個人から許諾または同意を得て医療・健康情報を蓄積します。
そして、その蓄積された医療・健康情報を、製薬会社や研究機関等に向けて、薬剤や疾患に関する分析データを提供します。
こうすることで、病院と製薬会社の両方から収益が得られます

もっと詳しく見たい方は、下のホームページをご覧ください。

事業概要・成長戦略 | メディカル・データ・ビジョン株式会社(MDV)
メディカル・データ・ビジョン(MDV)の事業概要・成長戦略です。弊社では医療・健康分野のICT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)を促進するソリューションをご提供しております。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<成長性:業績より>
・売上高の推移から成長性あり
・毎年の営業利益率の高さからビジネスの効率性あり
 ー 成長性あり

<将来性:ビジネスモデル・事業概要>
・創薬や医薬品の改良、病気のメカニズムの解明、安全性の監視に役立てようという動きが日本でも本格化
 ー これから需要増加すると見込める
・病院に向けて、病院の経営を支援するシステムを提供
・製薬会社や研究機関等に向けて、薬剤や疾患に関する分析データを提供
 ー 病院と製薬会社の両方から収益が得られる

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、新興株50に選出されました、今後期待の「医療ビッグデータ銘柄」のMDVの将来性と成長性を解説しました。

今後社会では需要が伸びそうな事業なので、当ブログとしては注目している銘柄です。
堅実な成長性もあり、事業としても将来性が感じられます。
今後も監視し続けて、良いタイミングがあればエントリーしたいと考えています。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント