【イントラスト】四季報で見つけた優良小型成長株!将来性を解説!

イントラストの将来性と成長性を解説投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、イントラストという銘柄はご存知ですか?
四季報で見つけました。
堅実な成長性、高い営業利益が気になりました。
事業内容や目標株価、成長性など分析します。

というわけで今回は、四季報で見つけました、優良小型成長株のイントラストの将来性と成長性を解説していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
イントラストについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

現在のチャート確認

下のチャートをご覧ください。
現在のイントラストのチャートです。

昨年から株価はずっと下がり、その後株価は低迷中です。
5/14に決算発表があり、株価は少し復調してきました。

ただ、チャートだけ見ると、これは優良株と言いづらいです。
しかし、そこにチャンスがあるかもしれません。
みんなが気づいていないだけで、優良株の可能性があるからです。

では、まず事業内容から確認しましょう。

事業内容

保証事業ソリューション事業の2本柱です。
保証事業とは、イントラストが連帯保証人となり、金銭的な契約に係る滞納リスクを保証します。
ソリューション事業とは、保証で培ったノウハウをもとに、クライアント企業の業務上の課題を解決するサービスを提供します。

現在は、特に賃貸不動産分野に関わる保証・ソリューション事業がメインとなっています。
これからは、医療・介護分野についても注力して伸ばしていく計画がされています。

上記のことから、保証事業やコンサル事業が近いサービスをしているので、ストック型の収益モデルであることが推測できます。

詳しくは下記のイントラストHPより、ご確認ください。

事業内容|総合保証サービス 株式会社イントラスト
株式会社イントラストは総合保証サービス会社のリーディングカンパニーとして家賃債務保証、医療費用保証、介護費用保証、養育費保証など、様々な分野にわたって新しい保証サービスを展開しています。

詳しく成長性を測るために、直近の決算内容を確認しましょう。

成長性:決算内容より

決算のみどころ

当ブログでは、「成長できる銘柄かどうか」でイントラストをみていきます。
したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
そのため、下記の項目に着目します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、この記事では重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2021年3月期の通期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

まず、着目したいのは、来期業績予想です。
売上は+19%とまずまずの成長率です。
営業利益率も25.4%と非常に高いです。

次に着目したいのが、営業利益率です。
上述もしましたが、営業利益率が上記の表から算出すると、毎期25〜30%と高い水準です。
効率性の高さが感じられます。

続いて着目したいのは、四半期ごとの収益です。
上の表を見ると、毎年収益が段々と上がっていますし、四半期ごとでも上がっていることが分かるはずです。
このことから、やはりストック型の収益モデルであることが分かります。

成長性があるのは分かりました。
将来性について確認するために、直近決算と併せて発表された中期経営計画を見ておきましょう。

将来性:中期経営計画

中期経営計画についても確認します。
下図をご覧ください。
こちらは中期経営計画の策定についてのお知らせがありました。
その中の「第2次中期経営計画で実現すること」についての資料です。

この図から、下記のような具体的な数値が分かります。

<中期経営計画(〜2024年度)>
売上高  :80億円
営業利益 :20億円
営業利益率:25.0%
新分野比率:20%

つまり、年平均20〜25%程度の成長率が期待できます。
高い成長率であり、営業利益率も高水準をキープしていることから、好感が持てます。

あとは、新分野(医療・介護、養育費など)の成長も必須です。
中期経営計画達成のためには、ここの伸びにも注目しておきます。

中期経営計画から、目標株価も考えてみます。

目標株価

中期経営計画が具体的な数値が出ていましたので、算出して目標株価についても考えてみます。

現在株価:714円
予想PER:19.1倍
今期予想純利益:8.35億円

中期経営計画から、2024年度には、売上高:80億円、営業利益:20億円ということから、純利益:13億円と想定します。
この数値から、PERを元に目標株価を算出します。

<現在のPERと変わらないと想定>
予想PER:19.1倍
24年度想定純利益:13億円
目標株価:1,111円

仮に、PERが一般的な15倍としたパターンだと

<PER15倍>
予想PER:15倍
24年度想定純利益:13億円
目標株価:873円

これには、株式数が変わらない、計画数値が変わらないなどの前提条件がありますので、注意してください。

算出してみた限り、株価も上がる余地がありそうです。
このことから、見ても投資対象としては良いでしょう。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<成長性:業績より>
・売上高の推移から成長性あり
・毎年の営業利益率の高さからビジネスの効率性あり
 ー 成長性あり

<将来性:中期経営計画>
年平均20〜25%程度の成長率が期待
・新分野(医療・介護、養育費など)の成長も必須
 ー 成長率や新分野の伸びについては、要チェック

<目標株価>
・24年度(現在のPERと変わらないと想定):1,111円
・24年度(PER15倍と想定):873円
 ー 株価上昇の余地あり

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、四季報で見つけました、優良小型成長株のイントラストの将来性と成長性を解説しました。

四季報で見つけました。
なかなか業績としては良い銘柄だと思いませんか?
事業内容は「その他金融」だからか、業績の割に注目度が低いのかもしれません。
目標株価から見ても、これは投資チャンスかもしれません。
長期投資なら特にそうだと感じています。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント