【気になる銘柄分析】決算書を読む!マクアケ<4479>

毎日ブログ63投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、買えなかった銘柄はありませんか?
「あの時、買っておけばよかった」
「なぜ、あの時買えなかった」

と後悔したことはありませんか?
僕はあります!

すでに株価が高騰してしまい、もう手が出せなくなってしまった銘柄や、業績は良くなさそうだったのに、いつの間にか株価が2倍,3倍になってしまった銘柄など、様々あります。

当ブログでは、小型成長株投資とスイングトレードをメインにしています。
今後、このような後悔をしないためにも、過去に買い損ねた銘柄や現在気になるを分析し、どうして株価は高騰したのか、まだ上がる余地はあるのかを調べます!

今回は、当ブログが気になる銘柄第1弾として、マクアケを分析していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
・マクアケについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

今回の記事は、下の記事で説明しました銘柄選定法を用いています。
こちらの記事を読んでから、本記事を読むと理解しやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

マクアケ<4479>の概要

概要

マクアケのIRページです。

IR情報 | 株式会社マクアケ(Makuake, Inc.)
株式会社マクアケのIR情報です。

概要を下表のようにまとめました。

クラウドファンデイングにより企業の製品・サービスを支援する会社です。
クラウドファンディングプラットフォームを作り、そこにプロジェクト実行者とサポーターを集め、新しいコンテンツの開発を間接的に支援します。
さらに、商品企画などのコンサルも行い、直接的な製品・サービス開発の支援もします。

現在のチャート確認

下のチャートをご覧ください。
現在のマクアケのチャートです。

コロナショックでは株価2,820円だったのに、現在は株価9,970円まで上がっています。
株価は約3.5倍になりました!

事業内容

事業内容としましては、2種類あります。
1)間接的に新しい製品・サービス開発の支援
クラウドファンディングプラットフォームに製品やサービスを作りたい「プロジェクト実行者」を集めます。
彼らがそれを先行販売として、プラットフォームに掲載し、それをいち早く欲しい、応援したい「サポーター」が先行購入します。
その購入金額の20%がマクアケに入るというビジネスです。
参考に下図もご覧ください。(マクアケ決算資料より抜粋)

2)直接に新しい製品・サービス開発の支援
製品やサービスを作りたい企業に対して、マクアケがそのプロジェクトのコンサルをします。
そして、プロジェクトをマクアケプラットフォームと関連づけることで、プラットフォームでの手数料と、さらにコンサル料がマクアケに入ります。
企業に対しては手厚くサポートできますし、マクアケとしては、二重に利益が取れるということです!
参考に下図もご覧ください。(マクアケ決算資料より抜粋)

注目する理由

当ブログがなぜマクアケに注目した理由は上述しましたように、

・株価がずっと右肩上がり、株価が約3.5倍
・事業内容がユニーク

以上の理由です。

では、なぜ買えなかったの、もしくは、買わなかったのか。
それを考えるために、次に直近の決算内容を確認していきましょう!

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、小型成長株の対象としてマクアケをみています。
したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
株価は右肩上がりなのはわかりましたが、それが決算に反映されているためなのか確認します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、ブログでは重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2020年9月期の通期の決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

見て分かるように、2020年度は目標を全て超えていることがわかります。
売上に至っては、四半期ごとに増していますね!
2019年度から比べると高い目標でしたが、上回っています。
2020年度の第4四半期は広告を大きく打ち出したことで、利益は落ち込んだようです。
しかし、これは今期に向けての投資とも言えますね。

ここで、決算が出たタイミングと株価の上がったタイミングを比べます。
第1Q:2020.01.28
第2Q:2020.04.21
第3Q:2020.07.21(上方修正)
第4Q:2020.10.27(今期予想)


第3,4Qでは、進捗率の高さや今期予想の発表がありました。
決算発表を受けて、どちらも窓を開けて上がっていることがわかります。

では、KPIについても確認しておきましょう。

KPI

KPIについて確認していきましょう。
下図は決算資料から抜粋した「アクセスUUの推移」「応援購入総額の推移」「会員数の推移」「掲載開始数」のグラフです。

どのグラフをみて堅調なことが分かりますし、第3Qで大きく増加したことが分かりますね!
これも、株価が上がった要因の1つと言えるでしょう。
ここで買うべきだったかもしれません!
この大きく伸びた時に買える勇気が必要でしたね。

気になる方は、決算説明資料を確認してみてください。

今後の見通し

以下、今後の見通しです。

<今後の見通し>
・業績は成長性の高さが感じられる。
クラウドファンディングという独自性のある事業が強み
KPIは堅調
 ー しかし、今後も上がっていくかは不明。
 ー コロナによる需要増のなのか、純粋に増えているのか。

当ブログとしては、
・現在は時価総額も上がっていることもあり、買わない。
 ー コロナによるKPI上昇なのか否か、判断するためには次の決算も見たい。
・事業内容は魅力的
・第3Qの決算出た時に買うべきだった。
 
ー もしくは、コロナショックの時にこの状況を見越して買うべきだった。
と考えています。

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、当ブログが気になる銘柄第1弾として、マクアケを分析しました。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント