【小型成長株分析】決算書を読む!ホープ<6195>

毎日ブログ62投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

決算発表シーズンですね!
みなさん、次のターゲット銘柄は見つかりましたか?

当ブログでは、小型成長株投資とスイングトレードをメインにしています。
この決算発表シーズンは新たな小型成長株を見つけるチャンスの時期です!

企業が新たに業績予想や決算発表が出します。
その中で、たまに高い成長率赤字から黒字化した銘柄が出てくることがあります。
ここが狙い目です!

今回は、当ブログがターゲットにした銘柄の決算発表を分析していきます。
第9弾は、ホープについてまとめます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
・ホープについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

今回の記事は、下の記事で説明しました銘柄選定法を用いています。
こちらの記事を読んでから、本記事を読むと理解しやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

ホープ<6195>の概要

概要

ホープのIRページです。

IR情報 | 株式会社ホープ

概要を下表のようにまとめました。

自治体向けにサービスをする会社です。
以前は、広告・メディア事業がメインでしたが、最近のメイン事業は、自治体向けにリーズナブルな電力販売になりました。

注目する理由

まず、当ブログがなぜホープに注目したか理由を説明します。
下記の項目で、スクリーニングをかけました。

・上場年 :2015年以降(上場5年未満)
・時価総額:500億円未満(時価総額の低さ)
・成長性 :売上成長率 20%以上

以上の項目で絞り、その後事業内容を確認しました。
事業内容としては、メインはエネルギー関連、自治体向けですね。
今、米国大統領選で注目されているエネルギー関連です。
それも自治向けです!
行政が関わる事業は強いイメージがありますね。
行政向けのものは、そう簡単に他社のサービスに乗り換えることはしないはずなので、需要が手堅い印象があります。

そして、株価を見てみると、ずっと右肩上がりですね!
コロナショックで落ち込みはしましたが、波打ちながらずっと上がり続けています。

<注目理由>
・高い成長性
・テーマ性
・ターゲットが自治体

・株価がずっと右肩上がり

以上のことより、ホープに注目しています。

次に、直近の決算内容を確認していきましょう!

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、小型成長株としてホープを検討しています。
そこで一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
もちろん、スクリーニングでは成長性の高さをわかりましたが、それが直近も維持されているか確認します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、ブログでは重視するところを取り上げていきます。

損益

2021年6月期の第1四半期の決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

見て分かるように、売上は高い成長率であることがわかります!
2019-2020-2021現在まで見て、四半期ごとに売上が上がっていることが分かります。
2020年度には、四半期毎期で利益もプラスになりました。

急成長ですね!
この高い成長率は、2倍株ゲットには必要不可欠です。

どの事業が伸びているのかを知るために、次にセグメントごとの売上・利益についても確認しておきましょう。

サービス別

セグメント別の四半期ごとの売上・利益も見ていきましょう。
下の表をご覧ください。
・主な事業内容
・セグメント別の四半期売上、四半期利益
・対前年比(%)
・セグメント比率(%)

上記のことを載せています。

事業は、4つに分けられます。
見て分かるように、エネルギー事業に依存していることが分かります。
そして、この事業が伸び始めてから、ホープ自体も伸びてきています。
ここの伸びがホープの業績を左右しているようです。

成長の要であるエネルギー事業について、もう少し詳しく確認してみましょう!

エネルギー事業

下図をご覧ください。
決算説明資料にありました、エネルギー事業の「マーケット」「FY2021の方針」「事業戦略」についての説明です。

上図から、下記のことが言えそうです。

・ターゲット市場はまだ、シェアを伸ばす余地がありそう。
 ー ターゲット市場自体が伸びる可能性があれば、さらに伸びそう。
・入札については、これからどれだけ獲得できるかが肝。
・今後の戦略としては、クリーンエネルギーに着目・移行していく準備をする。
 ー そうでないと、成長度も落ち込みそう。

他の事業についても説明がありますので、気になる方は、決算説明資料を確認してみてください。

今後の見通し

以下、今後の見通しです。

<今後の見通し>
・業績は成長性の高さが感じられる。
 ー 2022年度くらいまでは堅調な計画が出ている。
テーマ性自治体向けというのが強み
 ー これからさらに、投資家達の注目を集めるには、クリーンエネルギーに注力。

当ブログとしては、
・基本待ち、大きく下がるようなら買い。
・ちょっと上がりすぎてて手を出しづらい。
・今は成長性の高いが、マーケットの伸び・シェアの伸び率が計れない。
・クリーンエネルギーのニュースが出てくれば、買いかも。
と考えています。

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、当ブログがターゲットにした銘柄の決算発表を分析しました。
第9弾は、ホープについてでした。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント