【テーマ分析】アフターコロナでも伸びるのか!?電子書籍関連+おすすめ銘柄

毎日ブログ23投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさん、電子書籍についてご存知ですか?
ほとんどの方は知っている、使ったことあると思います。
コロナにより、家で過ごすことが多くなりました。
それがきっかけで、娯楽の一つとして、電子書籍を使い始めた人も多いのではないですか?

しかし、こんなことを考えたことはありませんか?
「コロナ後も伸びるのか?」
今から投資しようにも、市場がこれからも伸びるのか気になるのは当たり前ですよね。

そこで今回は、アフターコロナでも伸びるのか、電子書籍関連銘柄について分析したので結果を発表します
また、最後に電子書籍関連の中からおすすめの銘柄を紹介します!

この記事は、
・コロナ禍以降にも伸びるテーマが知りたい
・電子書籍関連について知りたい

・自分で選べないから、おすすめ銘柄を知りたい
上記のような方におすすめです!

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

背景・市場

電子書籍とは

電子書籍とは、単行本や漫画、文庫本などを電子データ化し、それをスマホやタブレット、電子書籍リーダーなどの電子機器で読めるようにした書籍のことです。

<電子書籍のメリット>
・暗闇でも読むことができる
・家での本の置き場に困らなくなる
・本の売り切れや在庫切れがない

・紙の本よりも安価で買えるケースが多い

次に、市場成長について説明します。

電子書籍の市場

下の図をご覧ください。
インプレス総合研究所が出した予測を元にグラフ化したものです。

見てわかるように、2011〜2019年まで右肩上がりで、2020年以降も伸びる予測がされています!
しかし、電子書籍は堅調に伸びているのに対して、電子雑誌はあまり伸びていないようです。

続いて下図は、電子書籍のジャンル別の市場規模の推移です。

見てわかるように、文字もの(文庫本など)とコミックともに年々成長する予測がされています!
さらに見ると、コミックの方がより伸びていることが分かります。

以上より、アフターコロナでも伸びそうな市場だと言うことが分かりますね!

電子書籍関連のファンダメンタル分析

当ブログ調べでは、電子書籍関連は63銘柄ありました。
下の表のようにまとめました。
(モザイクなしの銘柄リストが見たい!という方は、「さいごに」をお読みください。)

当ブログ調べ

<中央値算出結果>
・時価総額     :307億円
・営業利益率    :6.33%
・売上成長率    :4.12%
・営業利益成長率  :11.66%
・予想売上成長率  :-0.05%
・予想営業利益成長率:1.70%
・自己資本比率   :52.7%

・予想PER      :26.25倍
・PBR        :1.59倍
・ROE        :7.80%
・予想配当利回り  :0.71%

調べてみましたが、
関連銘柄全体としては、比較的成長していますね!
市場も成長しているので、関連銘柄も成長していると考えています。
今後も、市場とともに成長すると推測できます!

その中から、「電子書籍関連で選ぶなら、コレ!」という厳選したおすすめ銘柄を紹介します。

おすすめ銘柄

当ブログでは、小型成長株をターゲットとしています。
そんな当ブログが、電子書籍関連銘柄の中から、オススメするのは、

Amazia(4424)です。

株式会社Amazia - Amaziaは「世界にチャレンジするインターネットサービスを創る」ことを目指しています。現在は、その一つとしてマンガ事業「マンガBANG!」、「マンガEpic!」に注力して、デジタルの力でマンガの新しい価値を提供します。
Amaziaは「世界にチャレンジするインターネットサービスを創る」ことを目指しています。現在は、その一つとしてマンガ事業「マンガBANG!」、「マンガEpic!」に注力して、デジタルの力でマンガの新しい価値を提供します。

<基本情報>
市場  :マザーズ
設立  :2009年
上場  :2018年
時価総額:238億円

<特色>(※四季報より)
無料モデルの漫画アプリ「マンガBANG!」運営。男性向けに強み。
一部課金、広告で稼ぐ。

<選定理由>
小型株で、成長率が一番高かったので、選定しました。
ここ最近、毎四半期の売上が堅調に伸びていました。
MAUやARPPUの増加が要因のようです!

ぜひ、ビジネスモデルや業績などを一度詳しく調べてみてはいかがでしょうか?

さいごに

今回は、アフターコロナでも伸びるのか、電子書籍関連銘柄分析結果とおすすめ銘柄を紹介しました。

いかがでしたか?
電子書籍関連について、少し理解できましたか?
少しでも、理解が深まっていただけたら幸いです。

当ブログでは、小型成長株をおすすめしましたが、時価総額にこだわらなかったり、他の視点で見れば、他にも良い銘柄はあるはずです。

今回、「電子書籍関連の中から選ぶなら、コレ」という視点で選んでます。
しかし、株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

<銘柄分析リストについて>
「この表をもとに自分でも銘柄探したい」
「どんな銘柄があるか知りたい」

などの理由で、今回作成しました銘柄分析リストが欲しいという方!

モザイクなし銘柄分析リストは下記のサイト<note>からご購入可能です!
お値段は ¥220に設定してます。
「リストをまとめるのに、少し手間と時間がかかってしまったので、この値段だけでも」と思い設定させていただきました。
しかし、返金は可能です。
ご購入後にデータを確認していただき、納得いかないものであれば返金申請をしていただいて構いません!

【テーマ分析 / 一部無料】アフターコロナでも伸びるのか!?電子書籍関連<投資家が欲しがる銘柄リスト>|ヒラ / PLAIN MR. 投資と生きる|note
どうもこんにちは、ヒラです。 みなさん、電子書籍についてご存知ですか? ほとんどの方は知っている、使ったことあると思います。 コロナにより、家で過ごすことが多くなりました。 それがきっかけで、娯楽の一つとして、電子書籍を使い始めた人も多いのではないですか? しかし、こんなことを考えたことはありませんか? 「コロナ...

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント