【テーマ分析】5年で市場規模3倍以上!!ドローン関連+おすすめ銘柄

毎日ブログ16投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさん、ドローンを操作したことありますか?
ちなみに僕はありません。
間近で動いているのも見た事もありません。

まだ見慣れないドローンですが、社会では活用され始めているのです。
実際に2018年には、オーストラリアで世界初のドローンで人命救助がされたそうです。

オーストラリアの海岸でドローンが水難者救助、世界初
オーストラリアの海岸で18日、高さ3メートルの波に呑まれた海水浴客が、世界で初めて小型無人機(ドローン)で救助された。現場となった海岸では、ちょうどライフセーバーらがドローンを使った救難訓練の準備をしている最中だった。

さて、国内ではどうなのでしょうか?

今回は、
5年で市場規模が3倍になるドローン関連銘柄について分析したので結果を発表します
また、最後にドローン関連の中からおすすめの銘柄を紹介します!

この記事は、
・コロナ禍以降にも伸びるテーマが知りたい
・ドローン関連について知りたい

・自分で選べないから、おすすめ銘柄を知りたい
上記のような方におすすめです!

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

背景・市場

ドローンとは

ドローンとは、無人航空機のことです。
意外と知らないだけで、今やドローンは様々なビジネスに活用されています。
・測量
・点検
・農業
・災害、捜索
・運搬
・スポーツ、趣味 など

事例の参考になりそうなサイトがありましたので、リンクを載せておきます!

ドローンのビジネス活用事例
ドローンというと撮影や測量、農薬散布等での活用が目立っていますが、近年、 その他幅広い分野で様々な活用がされて…

政府としても、ドローンの利活用促進に向けた取り組みを行っています!
令和2年度予算額は40億円を取っているようです。
ドローンの利活用促進 / 経済産業省


次に、市場について説明します。

市場

下の図をご覧ください。
市場調査、技術動向、戦略分析などを事業として行っているインプレス総合研究所が出している日本国内におけるドローン市場の予測です。
みてわかるように、年々はずっと上がっている事が分かります。
さらに、2020年〜2025年で、市場規模は3倍以上になっています。

分野別に見ると、機器自体の市場より、ドローンを活用したサービスの方が高く伸びている事が分かります。

次に、サービスの産業別のグラフです。
下図をご覧ください。
点検、農業、物流の3産業が大きく伸びている事が分かります。

特に、一番大きく占めているのは点検です。
大型のインフラや設備点検の現場での普及が期待されているようです。
今までは、鉄塔の点検も、実際に上に登って人の目で見なければなりませんでした。
しかし、ドローンを使えば、人が上に登らずとも映像や写真で確認できますし、AIやシステムなどを搭載すれば、ドローン自身が故障箇所などの判断ができるようになります。

上述しましたように、今後ドローン市場は大きく成長していきます
これに伴い、関連銘柄も成長していく事でしょう!

ドローン関連のファンダメンタル分析

当ブログ調べでは、ドローン関連は57銘柄ありました。
下の表のようにまとめました。
(モザイクなしの銘柄リストが見たい!という方は、「さいごに」をお読みください。)

当ブログ調べ

<中央値算出結果>
・時価総額     :435億円
・営業利益率    :5.20%
・売上成長率    :2.43%
・営業利益成長率  :-8.98%
・予想売上成長率  :-1.56%
・予想営業利益成長率:-9.60%
・自己資本比率   :54.05%

・予想PER      :27.7倍
・PBR        :1.54倍
・ROE        :6.6%
・予想配当利回り  :1.41%

調べてみましたが、
関連銘柄全体としては、成長しているとは言い難いですね!
今期予想もコロナショックがあって、成長率はマイナスです。
市場自体は予測では成長の余地がありますが、実際にはまだ社会に勢いみたいなものは確かに見られないので、こんなものかもしれません。
社会でもっとドローンに関するニュースが出てきた時が、勢いづいてきた時かもしれません。

その中から、「ドローン関連で選ぶなら、コレ!」という厳選したおすすめ銘柄を紹介します。

おすすめ銘柄

当ブログでは、小型成長株をターゲットとしています。
そんな当ブログが、ネット広告関連銘柄の中から、オススメするのは、

ドーン(2303)です。

株式会社ドーン | 地理情報システム(GIS)
ドーンではGISエンジンGeoBaseの開発と販売、GISアプリケーションやサービスの構築を行っています。クラウド型のサービスでは、GISのほか、地図を活用したメール配信や危機管理システム、NET119緊急通報システムの提供などを行っています。

<基本情報>
市場  :JASDAQ
設立  :1997年
上場  :2002年
時価総額:71億円

<特色>(※四季報より)
地理情報システム(GIS)の開発・販売と防災分野を中心としたクラウドサービスが主力。

<選定理由>
ドローン関連の中なら、成長率は良い方です。
もともと公共系の点検や防災のクラウドサービスに強みがあるので、行政との連携でドローンに対してのシステム構築などに参画すると見込んでいます。
下の記事のように、東北大と研究しているニュースがありました。

山岳救助にドローンを活用 神戸の会社、東北大などが研究 | ドローンニュース

ドローン関連は、他にも良さそうな銘柄がいくつかありそうです!
ぜひ、一度調べてみてはいかがでしょうか?

さいごに

今回は、
5年で市場規模が3倍になるドローン関連の銘柄分析結果とおすすめ銘柄を紹介しました。

いかがでしたか?
ドローン関連について、少し理解できましたか?
少しでも、理解が深まっていただけたら幸いです。

当ブログでは、小型成長株をおすすめしましたが、
時価総額にこだわらなかったり、他の視点で見れば、他にも良い銘柄はあるはずです。

今回、「ドローン関連の中から選ぶなら、コレ」という視点で選んでます。
しかし、株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

<銘柄分析リストについて>
「この表をもとに自分でも銘柄探したい」
「どんな銘柄があるか知りたい」

などの理由で、今回作成しました銘柄分析リストが欲しいという方!

モザイクなし銘柄分析リストは下記のサイト<note>からご購入可能です!
お値段は ¥220に設定してます。
「リストをまとめるのに、少し手間と時間がかかってしまったので、この値段だけでも」と思い設定させていただきました。
しかし、返金は可能です。
ご購入後にデータを確認していただき、納得いかないものであれば返金申請をしていただいて構いません!

【テーマ分析 / 一部無料】5年で市場規模3倍以上!!ドローン関連 <投資家が欲しがる銘柄リスト>|ヒラ / PLAIN MR. 投資と生きる|note
うもこんにちは、ヒラです。 みなさん、ドローンを操作したことありますか? ちなみに僕はありません。 間近で動いているのも見た事もありません。 まだ見慣れないドローンですが、社会では活用され始めているのです。 実際に2018年には、オーストラリアで世界初のドローンで人命救助がされたそうです。 さて、国内ではどうな...

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント