【エネチェンジ】決算発表を分析!注目再エネ関連株!株価は上がるか?

毎日ブログ219投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、エネチェンジという銘柄はご存知ですか?
脱炭素社会を実現する「エネルギーテック」企業です。
今、注目が集まっている再生可能エネルギー関連株の一つでもあります。
そんなエネチェンジですが、現在は相場の影響を受けて大きく株価が下落しています。
5/14に決算発表がありました。
これを機に、株価下落は止まるのでしょうか?

今回は、今注目されている再生可能エネルギー関連株であるエネチェンジの決算発表を分析していきます。

最新の決算分析については、下の記事で解説しています。
 最新の決算分析を読みたい方は下からどうぞ。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
エネチェンジについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

前回の決算については、以前ブログにて紹介しました。
こちらの記事を読むと、業績の推移が分かりやすく、今回の記事が理解しやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

現在のチャート確認

下のチャートをご覧ください。
現在のエネチェンジのチャートです。

株価は最近の相場の影響を受けて大きく下げ続けています
特に今は、グロース株には厳しいです。
したがって、エネチェンジは株価を下げてしまっている状況です。
そんな最中の決算発表で、この状況を変えることができるのか?

この相場の理由に関しては、下の記事で解説しています。
こちらを読むと、日本株が「なぜ下げたのか?」だけでなく、「今、買い時なのか?」も分かります。
ぜひ読んでみてください。

今回の決算を機にまた上がり始めるでしょうか?
それとも下がっていくのでしょうか?

では、続いて今回の決算内容を確認しましょう。

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、今後成長が期待できる銘柄の一つとしてもエネチェンジをみています。
したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
そのため、下記の項目に着目します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、この記事では重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2021年12月期の第1四半期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

注目していただきたいのが、売上進捗率です。
今期予想はレンジを持たせていますが、当ブログではその中間を計画値として表に入れています。
業績予想を達成した前年度の25%と比べて、今期は29%と上回っています。
出だし好調ということが分かります。

あと、四半期ベースでの売上高が高くなっていることも好感が持てますね。
前年比で+56%と高い成長性が見てとれます。

成長性を計るために、KPIについても確認しておきましょう。

KPI

下図をご覧ください。
こちらは今回の決算説明資料にありました「ストック型収益」「各事業のKPI」です。

<ストック型収益>
見て分かるように、ストック型収益が積み上がっています
ただ、エネチェンジは売上30%以上の成長目標を掲げているために、ストック型収益も30%成長した欲しかったです。
セグメントごとの非ストック/ストック型の収益の推移を見てみると、どちらのセグメントもストック型が積み上がっています。
プラットフォーム事業で一時的報酬単価の上昇により、セグメント売上高がグンと上がったようです。
今回の四半期売上の成長はこれが要因のようです。
このことから、第2四半期は、少し売上高が下がるかもしれません
しかし、ストック型収益の推移を重視して判断したいです。

<主要KPI>
ストック型収益は、ざっくりと「ユーザー・顧客数 × ARPU(ユーザー1人あたりの平均売上金額)」で計算できます。
そのため、この2KPIの推移に注目すべきです。
プラットフォーム事業は、どちらも堅調であることが分かります。
データ事業は、顧客数は伸びていますが、ARPUは下がっています。
データ事業はまだ先行投資中で安定していません
これを良しと見るか否かで、判断が分かれそうです。

他にも事業内容や成長戦略、新電力シェアなど、気になる部分はたくさんありましたので、ぜひ決算資料を読んでみてください。
では、最後に株価への影響はどうなるか考えてみました。

株価への影響

今回の決算は、どちらと言えば良いではないでしょうか。
データ事業のKPIに少し懸念点はありますが、そこは先行投資中なので、目を瞑りました。
そのため、多少株価が上がるでしょう。
ただそれは、相場が良ければです。
相場が悪ければ、株価は下がってしまうでしょう。
相場の悪さを超えるほどのインパクトはなさそうです。

では、今後の株価ですが、今トレンドでもありますし、この成長率が維持できるようであれば、長期で伸びていく銘柄だと感じています。
決算説明資料を読んで見ると、2027年度には売上100億円を目指しています。
具体的な売上予想されているので、長期的な株価上昇が見込めるはずです。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<決算内容>
・2021年度予想:売上堅調
 ー 企業の成長計画通り
・KPI:プラットフォーム事業は好感、データ事業は微妙
 ー データ事業は先行投資中のため、安定感に欠ける

<株価への影響>
上記の決算内容の反応が株価に影響
→株価は多少上がる
 ー ただ、投資家によって判断は分かれそう

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、今注目されている再生可能エネルギー関連株であるエネチェンジの決算発表を分析しました。

当ブログとしては良い決算だったと感じています。
ただ、懸念点はありますね。
長期投資対象としては、事業内容にも期待していますので、有望だと感じています。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント