【ウェルスナビ】決算発表後、株価下落!理由を解説!ロボアド銘柄

毎日ブログ226投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、ウェルスナビという銘柄はご存知ですか?
投資している人なら一度は聞いたことはある国内No.1ロボアドバイザーの会社です。
非常に楽な資産運用がウリのようで、利用者も増えており、将来性もある事業です。
そんなウェルスナビですが、現在は相場の影響を受けて大きく株価が下落しています。
そして、5/14に決算発表があり、翌日株価はさらに大きく下がってしまいました。

今回は、今後利用者が増えるロボアド銘柄であるウェルスナビの決算発表を分析していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
ウェルスナビについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

こちらの銘柄の概要や前回の決算については、以前ブログにて紹介しました。
こちらの記事を読むと、業績の推移が分かりやすく、今回の記事が理解しやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

現在のチャート確認

下のチャートをご覧ください。
現在のウェルスナビのチャートです。

株価は3月から徐々に上がっていましたが、4月中旬からは相場の影響を受けて下げ続けています
特に今は、グロース株には厳しい相場です。
したがって、グロース株であるウェルスナビは株価を下げてしまっている状況です。
先日は、そんな最中の決算発表でした。
翌日は大陰線で、株価は大きく下がってしまいました。
その後の二日間も株価がなかなか上がってきません。

この相場の理由に関しては、下の記事で解説しています。
こちらを読むと、日本株が「なぜ下げたのか?」だけでなく、「今、買い時なのか?」も分かります。
ぜひ読んでみてください。

今回は、どんな決算だったのでしょうか。
そして、なぜ株価は下がってしまったのでしょうか。

では、今回の決算内容を確認しましょう。

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、「成長できる銘柄かどうか」でウェルスナビをみていきます。
したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
そのため、下記の項目に着目します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、この記事では重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2021年12月期の第1四半期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・営業収益、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

2020年末にIPO(新規上場)したばかりなので、データが少ないですが分析していきます。

まず注目していただきたいのが、今期業績予想です。
前回の決算では、今期業績予想が出ていませんでした。
それがとうとう予想が発表されました。
発表されたのは営業収益だけですが、前年から+72%の成長率と非常に高い数値です。

次に注目していただきたいのが、進捗率です。
営業収益だけ予想が出ているので、営業収益だけに着目しますが、1Q時点で進捗率21%です。
これは予想超えした前年度と比較してみると、前年も1Q時点では進捗率21%です。
したがって、これは順調な進捗と言えます。
「1Qで21%で大丈夫か」となるかもしれませんが、ウェルスナビはストック型のビジネスなので、収益は下期に偏重しますので四半期ごとに増加していくので、問題ありません。
しかし、四半期ごとに収益が増加していかなかった時は危ないかもしませんので、注意しておきます。

成長性の基盤があるか確認するために、KPIをみてみましょう。

KPI

KPIと言える「運用者数の推移」と「預かり資産額の推移」を確認しましょう。
この2項目が収益に直結するからです。
ウェルスナビは預かり資産の1%(年率)を手数料として受け取っています。
運用者数が増えれば、将来の資産額も増えることが予測できます。
そして、預かり資産額が増えれば、そこからウェルスナビが手数料をとるので、資産額が上がる分収益も増加するというわけです。

では、みていきましょう。
下図をご覧ください。

見ての通り、どちらも堅調ですね。
ずっと右肩上がりで、今後も増加傾向にあると推測できます。
なので、成長性があると言えるでしょう。

他にも今後の戦略やトピックなど、気になる部分はありましたので、ぜひ決算資料と中期経営計画を読んでみてください。
では、最後に株価への影響はどうなるか考えてみました。

株価下落の理由

今回の決算は、業績の数値だけ見れば、投資家には好感を持てるはずです。

ただ、先日4/1に「預かり資産額4,000億円突破」というニュースがありました。
そのニュースをきっかけに「黒字化するかも」という投資家の期待が出てきました。
しかし、この決算発表では、広告宣伝費を多くするので、赤字の長期化が予想されます。
そのため、黒字化を期待していた投資家たちが手放して、株価は下がったのでしょう。

ただ、ウェルスナビとしては、預かり資産の増加を優先することで、中長期的なフリーキャッシュフローの創出力を最大化しようとしています。
今は、いわばそのための投資フェーズと言えるでしょう。
したがって、中長期的に見れば、企業成長し、株価も上がってくるはずです。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<決算内容>
・業績、KPIは堅調
 ー 成長性あり
・赤字が長期化しそう
 ー 投資フェーズ

<株価への影響>
上記の決算内容の反応が株価に影響
→短期的に株価は上がりづらい
 ー 黒字化を期待していた投資家が離れた
 ー 今はまだ投資フェーズ
   →中長期的には安定したフリーキャッシュフローになる見込み

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、今後利用者が増えるロボアド銘柄であるウェルスナビの決算発表を分析しました。

当ブログとしては、成長性の見えた決算と感じました。
安定的にKPIも増加しています。
短期で見れば、赤字化が続くことにガッカリした投資家がいるので、なかなか株価は上がりづらそうです。
しかし、中長期で見れば、右肩上がりになりそうなので、引き続き監視を続けたいです。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント