【スイングトレード】勝てない人必見!知るべき買うタイミング 4選

毎日ブログ113投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、スイングトレード勝ててますか?
当ブログは、2020年下旬から始めましたが、勝てたり負けたりで安定しませんでした!
しかし、ようやく安定してきたように感じます。

「今年こそは安定して勝つ」
「今年、スイングトレードを始めたい」


そんな方、必見です!
トレードでするときに、一番気をつけているのは「買いのタイミング」です。

今回は、前回の続きであるスイングトレードで勝つために知るべき買いのタイミングについて説明していきます。

この記事は、
・スイングトレードで勝ちたい
・スイングトレードを始めたい
・スイントレードのコツを知りたい
上記のような方におすすめです!

前回の、スイングトレードの知識として必要なチャートパターンについては、下の記事で説明しているので一度お読みください。
こちらを読んでからの方が、理解がしやすくなりますので、ぜひ読んでみてください。

では、早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

トレードで勝てない理由

まず、トレードで勝てないのには理由が、主に3つあります。

1)特に多いのが、「なんとなく」でエントリーしている。
そのエントリーポイントで買った根拠がない人が多いです。
「昨日大きく下がったから、これから上がりそうだから今日買おう」
センスがすごい良い人は別にして、こんな理由で勝てる人はほぼいません
トレードで必要なものはテクニカル分析・チャート分析です。
自分の気持ちでトレードしてはならないのです。

2)「安く買って高く売る」意識がある
トレードは確かにキャピタルゲインで、利益を積み重ねるので、安く買って高く売る方が利益を大きくとれます。
しかし、スイングトレードでは基本的に順張りをおすすめしています。
長期投資なら逆張りを構え、底値圏で買うのはアリですが、短期トレードになると、底値を見極めるのが難しいのです。
順張りの方が、株価を予測しやすいのも大きな理由の一つです。
なので、「上がっている株を買い、買値よりさらに高値で売る」という意識の方がうまくいきやすいです。

3)勝ちパターンを決めていない
あなたに勝ちパターンはありますか?
例えば、「初押しのときに勝ちやすい」「三角保ち合いブレイクで勝った事がある」「ボックスの下値〜上値の売買が得意」などの、今までの経験でこのチャート・売買方法で勝ちやすい、または、得意というパターンがあるでしょうか?
ひとつ得意なものを持っていると、非常にトレードが楽になります。
似たようなパターンになっている銘柄を探せばいいだけです。
銘柄に合わせて、売買方法を決めるのではなく、自分の得意なパターンに合わせて銘柄を選ぶのも一手です!

まとめると、下記の通りです。

<勝てない理由 3点>
1)「なんとなく」でエントリー
2)「安く買って高く売る」意識がある
3)勝ちパターンを決めていない

では、勝つためのコツを説明します。

勝つためのコツ

勝つためには、何が必要でしょうか?
それは、株価を予測する事です。
株価が上がるか下がるか予測できたら、トレードでは勝てそうな気がしませんか?

では、株価を予測するためには、何が必要かというと、2点あります。

1)チャートにラインを引く
キリのいい価格になる節目や直近の高値・安値を意識しましょう。
さらには、高値と高値を結んだ「抵抗線」や安値と安値を結んだ「支持線」も引きましょう。

2)チャートを形を知る
チャートは投資家達の心理で形成されています。
「新高値にチャレンジしたけど、更新できなかったから、もう一度トライだ」
「さすがに上がりすぎだから一旦利確しよう」
などの気持ちが、これまでの過去のチャートからパターン化されています。
パターン化されている事で、株価の予測がしやすくなりました
ただ、このパターンを見えるようにするためには、上述したようにラインを引かなければなりません。
その上で、チャートのパターンを覚えましょう。

まとめると、下記の通りです。

<勝つためのコツ 2点>
1)チャートにラインを引く
2)チャートを形を知る

ちなみにチャートパターンについては、下の記事で解説していますので、読んでみてください。
ここから後述する内容がわかりやすくなります。

また、どれくらいラインを引くか、気になる方もいらっしゃるかと思います。
参考に下のチャートをご覧ください。
こちらは、現在のレアジョブ<6096>の日足チャートです。

では、みなさんはこのチャートにどれくらい株価の値動きに関わるラインが引けますか?
ちなみに当ブログでは、下図のようにラインを引きました。

当ブログは、5本引けました。
1)窓埋めのライン:窓埋めからの反発で株価上昇
2)三角保ち合いのライン:三角保ち合いブレイクで株価上昇
3)直近高値ライン:直近高値ブレイクで株価上昇
4)過去高値ライン:過去高値ブレイク
5)節目2,500円ライン:2,500円という節目を超えられず株価下落

ラインを引く事で上記のような株価の動きが分かります。
これをリアルタイムで引いていくのは、難しいですが、日頃からライン引きを癖付けていれば引けるようになります。

では続いて、勝つための買いのタイミングで、分かりやすいものを選びましたので、紹介します。

勝つための買いのタイミング 4選

分かりやすいチャートパターンにおける買いのタイミングを4つ選びました。
下図をご覧ください。

<勝つための買いのタイミング 4選>
1)ボックスを上へブレイクしたら買い
2)窓埋め後、反発したら買い
3)新高値更新時に現れるカップウィズハンドルでブレイクしたら買い
4)三角保ち合いを上へブレイクしたら買い

※詳しくは図に説明しておりますので、お読みください!

この中でも、当ブログとしておすすめなので、3)と4)です。
形が分かりやすく、信頼性が高く、チャート上にもよく現れます。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<勝てない理由>
1)「なんとなく」でエントリー
2)「安く買って高く売る」意識がある
3)勝ちパターンを決めていない

<勝つためのコツ>
1)チャートにラインを引く
2)チャートを形を知る

<勝つための買いのタイミング 4選>
1)ボックスを上へブレイクしたら買い
2)窓埋め後、反発したら買い
3)新高値更新時に現れるカップウィズハンドルでブレイクしたら買い
4)三角保ち合いを上へブレイクしたら買い

それでもダマシなどがあるため、勝率は100%というのは難しいでしょう。
このチャートパターンだけでなく、これに移動平均線や他のテクニカル指標も混ぜて判断できるようになると、さらに勝率は上がるはずです。

さいごに

今回は、前回の続きであるスイングトレードで勝つために知るべき買いのタイミングについて説明しました。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

どれだけ知識があっても勝てないことがあります。
それは経験不足であることがほとんどです。
経験を積むことで、エントリー・利確タイミングが精密になってきます
今回の記事で少しでも皆さんの勝率が上がったら嬉しいです!

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント