【株価大幅下落】ミンカブの決算!まだ将来性はあるのか解説

【株価大幅下落】ミンカブの決算!まだ将来性はあるのか解説投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、平凡サラリーマン投資家のヒラです。

みなさんは、ミンカブという銘柄はご存知ですか?

投資家の多くが利用している資産形成情報メディア「MINKABU」を運営している企業です。投資家のあいだでは知らない人はいないくらい、有名なメディアです。そのため、投資家たちからの注目が高い銘柄の一つです。

しかし、2/14の取引時間後に決算発表があり、その翌日には株価が大きく下がってしまいました。相場が悪いことも一因としてあるでしょうが、決算が理由ですね。気になるのは、株価は下落してますが、まだ成長性はあるのでしょうか?

今回は、株価が大幅下落したミンカブの決算を分析し、まだ将来性があるのかを解説していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
・ミンカブについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

前回の決算については、以前ブログにて紹介しました。こちらの記事を読むと、業績の推移が分かりやすく、今回の記事が理解しやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

株価チャートを確認

下のチャートをご覧ください。直近6ヶ月のミンカブの日足チャートです。

直近6ヶ月のミンカブの日足チャート

見ての通り、株価は下落傾向にあることが分かります。11月中旬からはその下げの勢いが増しましたね。

これは株式相場悪化のために、下げ続けています。立て続けに株式市場には悪い材料が出てきました。主な理由は下記の通りです。

<相場悪化の原因>
・日本での金融所得課税増税が話題に
 ー 株式投資離れ、今のうちに手仕舞いする投資家の増加
・米国でのインフレ加速、テーパリング早期化
 ー 利上げ早期化
 ー 米国長期金利上昇
 → 株式のリターンに対して相対的評価低下
ウクライナの地政学的リスク
 ー ロシアからヨーロッパへの原油・天然ガスの経由地であるウクライナで、戦争勃発か?
 ー ロシアからのエネルギー供給減予測
 → 世界エネルギー価格高騰
 → コロナ感染拡大と併せて、世界経済にダブルパンチ

上記のことから、特にグロース株相場が悪化しています。軒並み株安になっており、もちろんグロース株であるミンカブも、もれなく株価は下がり続け、株価は高値から1/2以下にまで下がってしまいました。

そんな中での2/14の決算発表でした。「株価の少しでも底上げになれば」と期待していましたが、株価は期待とは逆に、大きく下落してしまいました。一体、どんな決算だったのでしょうか?

そして、株価は下落したものの、まだ将来性はあるのでしょうか?

では、今回の決算はどうだったのか確認しましょう。

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、今後も成長できる銘柄としてミンカブをみています。したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。そこにも目を通しますが、ブログでは重視するところを取り上げていきます。

業績

直近では、2022年3月期の第3四半期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。下の表をご覧ください。

四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

ミンカブの四半期業績推移

こちらの表をもとに、ポイントを絞って解説します。

進捗率

まず注目していただきたいのは、進捗率です。

売上高/営業利益/経常利益/純利益の順に、68.2%/40.9%/40.8%/29.0%です。売上高は一見、低く見えますが、例年並みのペースです。しかし、利益関係は、営業利益・経常利益が40%程度と、純利益が29%と、例年と比べて低い水準です。

しかし、これには理由があります。下記の2点です。

<利益低下の理由>
・メディア事業での先行投資
・ソリューション事業での一部Q4への期ズレの発生で、収益性が一時的に低下

上記の理由で、例年より低い進捗のようです。ただ、ズレ込みするだけなので、4Qで巻き返せる可能性ありそうです

四半期ベースの収益

次に注目していただきたいのは、四半期ベースでの収益です。

売上高は前期比+20.1%と増加しています。営業利益・経常利益も-17%程度の減少。前年は四半期ベースの売上高を見ると、2Qよりも3Qの方が高かったですが、今期は3Qが低くなっています。これも上述したような理由が原因です。

では、セグメント別についても、見ておきましょう。

セグメント

セグメント別の四半期ごとの売上・利益も見ていきましょう。下の表をご覧ください。

・セグメント別の四半期売上、累計売上、四半期利益、累計利益
・累計対前年比(%)
・セグメント比率(%)

上記のことを載せています。

ミンカブのセグメント別四半期業績推移

メディア事業

メディア事業では、売上高が前期比+57%と大きく増加しました。これは広告収入好調したことと、課金収入も倍増したことが要因です。

メディアサイトへの月間訪問ユーザー数は、前年同期比よりも上回っていますね。トラフィックを見てもメディア事業は順調と分かります。

ソリューション事業

ソリューション事業では、売上高が前期比+16.8%と成長率が鈍化してきているように見えます。しかし、これは一部案件の期ズレによるためです。

ただ、これまでソリューション事業は、1Q→2Q→3Q→4Qと四半期ごとに売上高が増加していたので、今期はそれが3Qで減少してしまいました。これは不安になる投資家もいるでしょう。

では、以上のことをもとに、決算発表翌日の株価下落の理由を解説します。

株価下落の理由

今回の下落の一番の要因は、上述しましたように成長鈍化懸念のためです。

<成長鈍化懸念>
・メインセグメントであるソリューション事業の成長鈍化懸念
 ー 前年対比での四半期売上の伸びが小さくなった
 ー 前四半期比で売上高が減少

しかし、これは上述したように、一部案件が4Qにずれ込んだためです。しかし、この相場が悪い中での案件のずれ込みは印象として悪いです。少しでも株価上昇期待や、成長期待をしていた投資家がいるので、ちょっとしたマイナスイメージでも株を手放す要因になってしまうのです。

最後に、将来性はまだあるのか解説します。

将来性はまだあるのか

将来性についてですが、アリだと感じています。

なぜかというと、ミンカブは「今後に向けて」で、売上100億円超えのために年平均40%増収体制構築することを掲げました。増収体制のための取り組みを要約すると、主に下記の通りです。

<年率40%増収体制のための取り組み>
・既存事業の継続成長をベースに、事業領域拡大による増収効果が出る
・増収による利益率の上昇分を成長投資に回す

具体的には、
・メディア事業:サブスク割合を高める→マーケティング施策を本格化
・ソリューション事業:既存の情報系だけでなく、システム系の領域にも参入→ブロックチェーン技術の活用、金融機関のAPI事業展開/フィンテック企業事業をDX化
・金融紹介サービス:資産形成層に向けて、オンライン接客や助言、複数の証券会社に発注可能な仲介業
をします。

こうすると、下記のようにサービスが分けられ、収益獲得の仕方が多様化します。

<サービスと収益獲得法の多様化>
・メディア事業:toC media(継続的な広告収入と課金によるサブスク収入
・情報系ソリューション:toBtoC Solution(初期導入サブスク収入
・システム系ソリューション:toB Solution(新たなサブスク収入
・金融紹介サービス:toC Solution(フィー・コミュッション収入=契約料と資産高に応じての手数料)

以上の戦略で、年率40%増収していくようです。なんか、とうとうこれまで成長投資してきたことが、開花して本領発揮する気がしませんか?今後が楽しみになりましたね!

決算資料には、他にも具体的な施策が書かれています。転載禁止なので、ここでは説明しきれない部分もありますので、ぜひ読んでみてください。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<決算内容>
・利益進捗率よくない
・四半期売上高が前四半期を下回った
・ソリューション事業の伸びが悪い
 ー ソリューション事業の一部案件が4Qへずれ込む
・メディア事業は堅調

<株価下落の理由>
成長鈍化懸念
ー 四半期売上高が前四半期を下回った
ー メインセグメントのソリューション事業の伸びが悪い

<将来性>
将来性はまだある
ー 売上100億円超えのために年平均40%増収体制構築する
 →領域拡大の増収効果
 →利益率増加分を積極的に成長投資に回す
 →収益獲得法の多様化

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、株価が大幅下落したミンカブの決算を分析し、まだ将来性があるのかを解説しました。

当ブログとしては、注目している銘柄だけに決算を楽しみにしていました。しかし、株価下落。正直がっかりしましたが、今後の成長については期待感が増しました。「とうとう本気出すのか」と感じました。今は耐えどきなのかもしれません。中長期的に成長が楽しみです。

いかがでしたか?参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

他の銘柄の最新決算分析を読みたい場合は、下の記事でまとめています。

現在、ブログを更新中です!

このブログでは、平凡サラリーマンである僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、サラリーマンの方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

当ブログでは、注目銘柄の目標株価を算出しています。気になる方は、下の記事をご覧ください。

また、当ブログでは「小型成長株投資」をメインにしています。サラリーマンの方にオススメできる小型成長株投資法の解説については、下の記事からどうぞ。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「投資を始めたい」「サラリーマンでも投資できるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント