【ニューラル】決算を分析!成長に陰りか?株価大幅下落?理由を解説

【ニューラル】決算を分析!成長に陰りか?株価大幅下落?理由を解説投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

みなさんは、ニューラルという銘柄はご存知ですか?
自社独自のAIライブラリを活用して、AIスマートシティに向けてサービスを提供する企業です。
ニューラルで注目すべきは、エッジAIです。
そんなニューラルですが、現在は株価がずっと下落しています。
8/13に決算発表があり、「また株価が上がってくれるか」と期待していましたが、また下がってしまいそうです。
なぜ、まだ株価下落してしまうのでしょうか?
どんな決算内容だったのでしょうか?

今回は、週明けに株価が大幅下落しそうなニューラルの決算を分析し、その株価下落の理由を解説していきます。

この記事は、
・分析の仕方を知りたい
ニューラルについての情報を共有したい
・意見交換したい
・分析についてアドバイスしたい
上記のような方におすすめです!

前回の決算については、以前ブログにて紹介しました。
こちらの記事を読むと、業績の推移が分かりやすく、今回の記事が理解しやすくなります。

では、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

現在のチャート確認

まず、下のチャートをご覧ください。
現在のニューラルのチャートです。

株価は4月中旬以降から、下げてしまいました。
4月中旬〜5月中旬まではコロナ感染拡大による相場悪化の影響を大きく受けてしまいました。

しかし、その後一度相場は持ち直しましたが、ニューラルは少し戻しただけで、また下げ続けることになりました。
これには需給の悪化が大きな要因です。
信用買残が多く溜まっており、それが需給の悪化を招いています。
信用買があるということは、未来の売りがあるということが分かります。
それが大量にあるとすれば、上げたとしても、売りが多く出てすぐ下がってしまうことが推測できます。

そのため、株価は低迷中です。
この現状を打破することを期待した決算でしたが、週明けにはまた下げてしまいそうです。
その理由を知るために、まず決算を分析します。

では、今回の決算内容を確認しましょう。

決算内容

決算のみどころ

当ブログでは、今後成長が期待できる銘柄の一つとしてもニューラルをみています。
したがって、一番重要視したいのが「成長性」に関してです。
そのため、下記の項目に着目します。

項目としては、
・損益(売上や利益)
・投資(事業拡大)
・ニュース(事業拡大、新規事業について)

について着目していきます。

もちろん、他のバランスシートやキャッシュ・フローも大切です。
そこにも目を通しますが、この記事では重視するところを取り上げていきます。

損益

直近では、2021年12月期の第2四半期決算が発表されました。

短信では、売上や利益が累計で出されています。
当ブログでは、四半期ごとの売上や利益を算出し、前年と比較しています。
下の表をご覧ください。
四半期ごとに
・売上、営業利益、経常利益、純利益
・各対前年比(%)
・各累計計画対比進捗率(%)

を算出しています。

<進捗率>
まず、注目していただきたいのが、進捗率です。
2Q時点で、各項目の進捗率は39/24/24/31%です。
これはあまりに低く感じますね。
前年度は2Q時点で、43/31/30/30%でした。
ほぼ同水準といえば、同水準にも感じられます。
ニューラルとしても「今期は売上計上タイミングが第4四半期に偏る傾向が生じる予定」「事業計画通りに順調に事業が進捗」としており、通期業績予想の修正もないようです。

<四半期ごとの売上高>
次に注目していただきたいのが、四半期ごとの売上です。
今回の数値は、前四半期よりも下がってしまっています。
これまで、順調に前四半期を上回り続けていましたが、今回とうとう前四半期の売上高を下回ってしまいました。
ニューラルは、SaaS/ライセンス型と事業共同開発というのを 2 つのビジネスモデルを持っています。
どれくらいの比率かは分かりませんが、ストック型の収益モデルを持っていながらも、前四半期よりも下回るというのはマイナスな印象を受けてしまいます。
成長鈍化懸念を抱く人もいます。

<営業利益率>
続いて注目していただきたいのが、営業利益率です。
今期の通期業績予想の営業利益率は、30%です。
それに対して、今四半期の営業利益は、18.5%です。
営業利益も第4四半期に偏るようですが、詳しい説明がありません
第4半期のための営業活動のために、費用が嵩んでいるのかもしれませんね。
売上に関しても下回った説明がないのが、投資家としては嫌気をさすことになるでしょう。

また、前回までは、四半期ごとの棒グラフがあったのですが、今回は前年比の棒グラフになっていました。
細かいことかもしれませんが、数値が悪くなったことを誤魔化しているのかと感じてしまう人も少なくないでしょう。

他にも事業の進捗や成長戦略など、気になる部分はたくさんありましたので、ぜひ決算資料を読んでみてください。
では、最後に株価下落の理由を解説します。

株価下落の理由

株価下落の理由は、下記の主に2点です。

<株価下落の理由>
・四半期売上高が前四半期を下回る
 ー これまでずっと前四半期を上回ってきただけに印象が良くない
 ー 成長鈍化の懸念を持たれる
・営業利益率の改悪
 ー 詳しい説明がないために、不信感を抱く

以上のことから、手放す投資家が出てくるので、株価は下落することでしょう。

ただ、ニューラルとしては、
・2021年度も順調に事業伸長、通期業績予想に沿って事業進捗
・売上や営業利益は第4四半期に偏る傾向、通期業績予想に変更なし
と公表しているので、それを信じるなら信用買残も減り、株価が下がったところで買うのはアリかもしれませんね。

まとめ

以下、今回の記事のまとめです。

<決算内容>
・進捗率は順調?
 ー 今期は売上計上タイミングが第4四半期に偏る傾向が生じる予定
四半期ベースの売上は前四半期を下回る
・営業利益率の改悪

<株価下落の理由>
・四半期売上高が前四半期を下回る
 ー これまでずっと前四半期を上回ってきただけに印象が良くない
 ー 成長鈍化の懸念を持たれる
・営業利益率の改悪
 ー 詳しい説明がないために、不信感を抱く

みなさんは、どうお考えですか?

さいごに

今回は、週明けに株価が大幅下落しそうなニューラルの決算を分析し、その株価下落の理由を解説しました。

ハイグロース株だけに、今回の決算での成長鈍化懸念を見て手放す投資家は多く出てきそうです。
逆にこの下げがチャンスとなるのかは、難しいところです。
どこまでニューラルを信じていいのか悩ましいです。
ひとまず、どこまで下がるか、どれくらい信用買残が減るかを見ながら、様子を伺います。

いかがでしたか?
参考になりましたか?
それとも、「ここはどうかな」と違う意見ですか?

今回の当ブログの考えと違う方がいらっしゃったり、参考になった方がいらっしゃれば、ご意見・コメントいただけると嬉しいです!

株式投資に絶対はありません。
ぜひ皆さん、ご自身でも一度調べてみてください!
投資はあくまでも自己責任に基づき、自身でご判断願います。

現在、毎日ブログを更新中です!

このブログでは、無職である僕が、投資と生きていくために得た知識や技術、経験、変化をアップしていきます。
主に、投資手法・銘柄分析・おすすめ本の紹介などをアップしていきます。
ときどき、無職の方・無職になる方向けにタメになるような情報もアップできれば、と考えています。

ぜひ、他の記事もご覧ください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
「なんか仕事やめたい」「投資で生きていけるかな」「小型株始めたいな」という方の参考になれば幸いです!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント