【投資信託と何が違う?】株式・投資信託よりETFの方がお得!?

01_22サムネイル投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

皆さんはETFについてご存知ですか?
聞いたことない人はもちろん、ある人も「詳しくはよくわからない」という人も多いのではありませんか?

僕自身も投資信託で、楽に投資の運用をしています。
ですが、他の投資手法についても知っておく事は損ではないでしょう。
むしろ利益になるのでしょうか。
投資手法によっては、自分に合う合わないありますので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょう

ということで今回は、ETFとは何かを説明します。

参考に、楽に投資運用できる投資信託についてはこちらの記事から

スポンサーリンク

ETFとは

ETFとは、Exchange Traded Fundの略です。
日本語で、上場投資信託といいます。
上場とはどういうことかといいますと、株式と同じく取引所に上場しているので、リアルタイムに値動きし、リアルタイムで取引ができるのです。

投資信託・株式との違いは?

ではまず、「投資信託」とついているが、ETFと投資信託と何が違うのか説明していきます。

大きな違いとしては、上述しました様に、上場と非上場の違いによるリアルタイム取引ができるかどうかです。
投資信託は取引できるのは1日1回です。
それに対して、ETFは一度に何度も取引ができます。
したがって、ETFでは自分の定めた金額(指値)で売買することも可能なのです。
他に違う点としては、
運用管理費(信託報酬):ETFの方が安い
購入金額:投資信託は100円〜 / ETFは市場価格によります(大体10,000円〜)

次に株式との違いを説明していきます。
大きな違いとしては、分散投資できるかどうかです。
株式投資の場合、自分でチャート分析やファンダメンタル分析をし、どの銘柄なら利益を取れるか検討し、売買することになります。
一方ETFなら、あくまで投資信託なので、ETF1銘柄を選べば、いくつもの銘柄に分散投資ができるのです。

結局、株式・投資信託・ETFのどれがいいのか?

正直、人によります

例えば、初心者の方には、やはり相場感や分析が自分でするのが難しいと思うので、投資信託でインデックスファンドに積み立てて、楽に投資運用した方が良いと考えてます。

相場感や経済を追えている人なら、ETFの方がコストが抑えられて、自分で自由に購入金額やタイミングを変えられる事で、投資信託より利益が上げられるかもしれません

短期間で利益を求めるなら、株式投資の方が短期間で利益を得られるチャンスがあります。
ETFや投資信託は分散されているので、個別株と比べて値動きが均されてしまいますし、有名ETFだともう1年で2倍の価格になる事はないでしょう。
それに比べ、個別株はうまく銘柄を選べれば1年もしくは半年で2倍の株価になることもあります。
その分、半値になる可能性も大いにあります。
ハイリスクではありますが、短期間でハイリターンを狙うなら個別株の方が良いでしょう

さいごに

今回は、ETFとは何かについて説明しました。

どうでしたか?
ETFと投資信託の違いは理解できましたか?
そして、どちらが自分に合うか、感じ取れましたか?
今の投資手法で利益が出ていない人も、投資手法を変えれば利益がで始める人はいます
検討の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

参考までに、楽に投資運用できる投資信託とハイリターンを狙う小型株についてはこちらの記事から

ここまで、読んでくださり、ありがとうございます。
少しでも、皆さんのご参考になれば幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

コメント