【10万円で買える】小型株投資 | おすすめ銘柄

04_02サムネイル投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。

2020年、新型コロナショックにより、経済は大打撃を受けてます。
僕は、勤めている会社が休業になり、給与も減ってしまいました。
さらに株相場も暴落してしまいました。
保有している株も含み損が出ています。

しかし、下がってしまった株相場はまた上がります。
そして、政府からも特別定額給付金の10万円が支給されます。
5/3現在、すでに給付金の申請を出来る自治体もあります。
今まさに、仕込む時期にはぴったりです。

支給された10万円を預金しておくなんて、もったいない」と僕は考えてます。
それを元手にお金を増やすために投資します

今回は10万円でも買えるおすすめの小型株銘柄について説明します。

スポンサーリンク

おすすめ銘柄の選定基準

5つの条件

先日の書きました記事でも説明しましたが、成長性財務健全性将来性に重きを置き、選定します。
具体的な選定基準は下記の通りです。

<選定基準>
時価総額:300億円未満
売上高変化率:+10%以上
売上高営業利益率:10%以上
自己資本比率:50%以上
ビジネスモデル:継続性・将来性

選定基準についての詳しい説明は、下記の記事をご覧ください。

おすすめ銘柄

ケアネット(2150)

【特色】(四季報より引用/20.05.03)
医師向け情報サイトを通じ製薬の営業支援。DVD、動画配信による医師教育コンテンツ提供も。

ビジネスモデルとしては、ネットを活用した情報配信で製薬メーカーの営業支援業務と、動画配信などによる医療関係の講演や教育コンテンツなどを展開しています。
現在新型コロナウイルスの影響もあり、医療関係における動画配信コンテンツに注目が集まっていると、予想されます。

下図は、バフェットコードより引用してきました企業情報です。

バフェットコードより引用(2020.05.03)

バフェットコードなどを用いて分かるように、
最低購入価格:86,100円
時価総額:89億円
売上高変化率:12.6% / 近年右肩上がり
売上高営業利益率:18.6%
自己資本比率:69.8%以上
ビジネスモデル:注目度

この銘柄は、まず時価総額の低さ安定した売上の成長性に着目しました。
なぜなら、この時価総額の低さで、着実に成長していけば、すぐ時価総額は2倍になると推測したのです。
そして、ビジネスも最近注目されています医療関係なので、早めの成長性が期待出来るはずです。しかし、いま注目されている分、投資家たちの興味がなくなったら、下がるのも早そうですので気をつけてください。

5月中旬に決算発表があるので、そこで良い情報があれば、買って良いと考えています。
ただ、売り抜けるタイミングがシビアかもしれません。

アドバンスト・メディア(3773)

【特色】(四季報より引用/20.05.03)
音声を文字変換する独自技術核にした各種業務用ソフト開発が柱。文字起こしサービスに参入。

ビジネスモデルとしては、音声認識技術の先駆けで、AIを付加した音声認識技術を持っています。
音声入力システムや発音矯正・評定ソフトなどがあり、コールセンターやモバイルなどに用いられます。
今後、業務効率の面から、文字入力は最低限化されると予想しています。
したがって、このビジネスはもっと需要が増えると考えてます。

下図は、バフェットコードより引用してきました企業情報です。

バフェットコードより引用(2020.05.03)

バフェットコードなどを用いて分かるように、
最低購入価格:91,500円
時価総額:167億円
売上高変化率:10%以上が 5年以上(予想含む)
売上高営業利益率:16.0%
自己資本比率:88.8%以上
ビジネスモデル:将来性

この銘柄は、まず安定した高い成長性ビジネスの将来性に着目しました。
なぜなら、ビジネスモデルが今後さらに社会からの需要を増すと考えており、現状でも高い成長性が、さらに高まるだろうと予想しています。

5月中旬に決算発表があるので、そこで悪い情報があれば一時的に株価が下がるかもしれませんが、また上がると推測しています。
良い情報があれば、買って良いと考えています。
よっぽど悪い情報だった場合は様子見することをおすすめします。

さいごに

今回は、10万円で買える小型株のおすすめ銘柄について説明させていただきました。

下記に、おすすめ銘柄をまとめました。

<おすすめ銘柄>
・アドバンスト メディア(3773)
・ケアネット(2150)

いままさに、「ピンチはチャンス」のタイミングだと思います。
今回の暴落は人生に一度あるかどうかのものだったはずです。
この経験は今後の投資活動に大きく影響し、成長できると考えてます。
欲をいえば、保有銘柄の企業にも成長してほしいものです。

ここまで、読んでくださり、ありがとうございます。
参考になれば幸いです。

株式投資に絶対はありません。
したがって、取引はあくまで、自己責任でお願い致します。

これからもどうぞよろしくお願いします。

コメント