デザイナー、投資を始める | おすすめの投資スタンス

01_04投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。
株式投資の投資スタンス(=株の保有期間)について学んでいきます。

また、株式投資の投資スタイル(=銘柄選択による利益出し方)についてはこちらから
デザイナー、投資を始める | おすすめの投資スタイル

スポンサーリンク

投資とトレードの違い

細かいことですが、「投資」と「トレード」は違います。
この意味の違いを知っていると、今後の売買での意識が変わります
また、どちらが自分に向いているか、これからの投資についての方向性を見えてきます。

投資

投資は、企業価値に着目します。企業価値というのは、すぐに株価チャートには反映されません。本当の企業価値がチャートに現れるまでには、数年はかかります。したがって投資は、おおよその場合、長期的な期間が必要になってきます。  

トレード

一方、トレードは、現在の株価に着目します。チャートを分析し、値動きの傾向を掴むことで、この株価が上がるか下がるか予想し、売買を行います。したがってトレードは投資に比べて、短期的な期間の取引になってきます。

・投資  :企業価値に対して、お金を投じること
・トレード:現在の株価に対して、お金を投じること

株式投資スタンス

デイトレード

デイトレードとは、その1日のうちに売買を完了させる取引のことです。一般的に、多くの人が株投資と言われるとイメージするのがデイトレードだと思います。
1日に何度も売買を行い、細かい利益を積み重ねていく取引手法です。一日のうちに売買を完了させる方法のため、保有株式を次の日に持ち越しません。したがって、取引時間外での社会の影響で株価の下落などのリスクはありません。
基本的には取引時間中は常にパソコンやスマホの画面とにらめっこし、板やチャートの動きを見つつ、色々な情報をサーチしながら、スピーディーに売買注文を出していきます。常にパソコンやスマホを見ていなければならないので、日中会社勤めしているサラリーマンには向いてません

下記に、メリットとデメリットをまとめました。

<メリット>
・株の持ち越しリスクなし
・資金効率が良い
・詳しい企業分析がいらない
<デメリット>
・常にパソコンやスマホに張り付き
・手数料が多くかかる
・一回の取引では大きな利益はあげられない
・買い時と売り時のタイミングがシビア
※日中会社勤めしているサラリーマンには不向き

スイングトレード

スイングトレードとは、2日から数週間ほどの期間で売買する取引のことです。デイトレードと同じく、詳しい企業分析はいらず、チャート分析をし、今後の値動きを予想します。今後株価が上がるシグナルが出た時に買い、逆に、下がるシグナルが出た時に売ります。
デイトレードとは違い、日中にパソコンやスマホに張り付きしなくても良く、じっくり考えながらチャンスを待つことができます。これであれば、日中会社勤めしているサラリーマンでも取引が可能です。
しかし、取引時間外での企業の発表などで、株価が大きく下がる可能性もあるので、次の日に株を持ち越すリスクもあります。

下記に、メリットとデメリットをまとめました。

<メリット>
・パソコンやスマホに張り付いてなくて良い
・仕事が終わった取引時間外でも、銘柄選択が可能
・スピーディーが判断をせず、じっくり考えれる
<デメリット>
・株の持ち越しリスクがある
※日中会社勤めしているサラリーマンには向き

スイングトレードについて詳しく知りたい方はこちらから
デザイナー、投資を始める | スイングトレード

長期投資

長期投資とは、数ヶ月~数年、数十年を超えるような長い期間で売買する取引のことです。長期にすることで大きな株価の動きによるキャピタルゲインを狙う手法もありますが、その保有期間に定期的にもらう優待や配当金によるインカムゲインを狙う手法もあります。これも、スピーディーな判断を求められることはありません。さらに言えば、日々のチャートを気にすることはありません。自分が信じた銘柄の株価が上がるのを、じっと待つだけです。したがって、サラリーマンでも取引が可能です。
保有株で得た配当を再投資することで、複利の効果でより大きな利益を生み出すこともできます。
しかし、長期に渡り、決まった銘柄に投資するのはリスクになります。1社に全資金を投資すると、その企業が倒産した場合、自分の資金がなくなってしまいます。したがって、何社かに分けて分散投資し、リスクを分散しましょう。そのためにもある程度、資金力が必要になります。
また、現状上がり続けている株価が今後もずっと上がり続けるかを分析しなければなりません。決算書などの数値を読み解き、さらに自分でも計算して、その企業の将来性があるかどうか予想しなければなりません。

下記に、メリットとデメリットをまとめました。

<メリット>
・日々の株価の値動きを気にする必要がない
・複利効果がより大きな利益を得ることができる
・取引回数が少ないので、税金や手数料が少なく済む
<デメリット>
・長期のため、利益が長い期間で確定させることができない
・分散投資が必須であるため、資金力が必要
※日中会社勤めしているサラリーマンには向き

どれが最適か

どのスタンスにもメリット・デメリットがあります。
その中でも、デザイナー向きなスタンスだと感じたのが、スイングトレードです。
日中仕事をしているので、デイトレードはもちろん不可能です。
長期投資だと、資金効率が悪く長期間資金が固められますし、何より資金不足でもあります。
(資金さえあり、長期投資も老後の資金を作るためならいいかもしれませんね。)
僕は、少しでも早く個人事業用の資金も作りたいので、資金効率のことを考え、スイングトレードです。
したがって、デザイナーの僕は スイングトレード を実践していきます。
資金と時間ができたら、他のスタンスにも挑戦します。

<デザイナーにおすすめ株式投資スタンス>
資金力・資金効率 → スイングトレード 

スイングトレードについて詳しく知りたい方はこちらから
デザイナー、投資を始める | スイングトレード

ここまで、読んでくださり、ありがとうございます。
デザイナーの方だけでなく、会社勤めされている人にも参考になれば幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

コメント