デザイナー、投資を始める | 投資の種類

01_02-投資・トレード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資の種類

投資について

どうもこんにちは、ヒラです。
僕が投資する理由はこちらから。

デザイナー、投資を始める

まず、将来にむけて資産形成にする上で、「貯蓄」と「投資」があります。
貯蓄は「お金を蓄える」こと、投資は「お金を動かし増やす」ことです。
多くの人が、貯蓄を銀行に預けているはずです。これは、自分が使いたい時に使えるお金と言えます。
投資では、不動産や株式を購入し、お金が増えるのを待つことになります。したがって、すぐ使おうと思っても、すぐ引き出して使うことができません
このことから、「貯蓄」と「投資」に使うお金をバランス良く配分しなければなりません。

貯蓄ばかりだと、お金は増えていきません
銀行に預けていれば、ほんの少しは増えはします。
現在のある銀行の金利0.01%です。つまり、100万円預けて、1年後に +100円です。

じゃあ、投資ばかりだと良いかというと、もちろんそうではありません。
多くの投資では、リスクがついてまわります。投資したお金が、投資したときより価値が下がり、お金が減ることは大いにあり得ます。
しかし、リターンをちゃんと得られれば、お金を増やすことができます
仮に、年利3%の投資ができたとしたら、100万円が、1年後に +30,000円です。
正しくは税金として少し引かれますので、+30,000円ではありません。

銀行に預けてばかりでも、銀行倒産というリスクは少なからずあります。
※銀行が倒産した場合でも、1預金者あたり合計1000万円までは保証はあるようです。
ただ、貯蓄しているだけより、投資にもお金をまわして、自分のお金を増やすチャンスを活かします。

投資の種類

色々な投資の種類がありますが、代表的なものだけ下記に挙げます。

株式投資

株式投資とは、企業が発行した株券を売買したり、配当金を得たりすることで利益を得る投資方法です。
購入した株価より高値で売りで利益を得るキャピタルゲイン(売却益)と株券を一定期間保有することで企業から配当による利益を得るインカムゲイン(配当金)があります。
日々、株価は変動します。もちろん株価が上がり続けることはないので、自分が買った株価より下がることはあり得ます。逆に、グングン株価が上がることもあります。
リスクがある反面リターンもあります

FX(外国為替取引)

FXとは「Foreign Exchange」、つまり外国の為替を利用して売買し、利益を得る投資手法です。
「1ドルが100円(ドル安/円高)」のときに10万円分つまり1000ドル換金した場合、後日「1ドルが110円(ドル高/円安)」のレートに変わっていれば換金した1000ドルが11万円と換えることができ、1万円の利益を得られます。
こちらも株式投資同様に、日投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。々、レートは変動します。もちろん株価が上がり続けることはないので、自分が買った株価より下がることはあり得ます。逆に、グングン株価が上がることもあります。
リスクがある反面リターンもあります。

個人向け国債

個人向け国債は、個人投資家向けに販売される国債です。国債を購入し一定期間保有することで、銀行預金より高い利率で運用できます。
国にお金を貸すことで、定期的に利子を得る投資手法です。
さらに発行元が国であるため、銀行倒産よりさらにリスクが低く、元本割れの心配などがかなり少ないため安全度が高く0.05%(年率)の最低金利保証も付いています。

投資信託

投資信託とは、様々な投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、その資金の運用を専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。その運用成果がそれぞれの投資額に応じて各投資家に分配され利益を得る投資手法です。
運用方針は投資信託ごとに違い、その方針に基づいて専門家が運用を行います。
こちらも株式投資同様に、日々、経済状況は変化しますので、運用がうまくいくこと、いかないこともあります。したがって、運用成績によって、各投資家の投資額に応じた損益が生じます。

不動産投資

不動産投資は、マンションやビルなどの不動産を購入し、賃料収入を得る投資方法です。
長期の比較的安定した家賃収入が入るため、将来の不労所得や年金対策となるだけではなく、相続することで生命保険代わりとして活用できたり節税効果も期待できます。
しかし、投資金額分の回収に時間がかかるため、流動性が低いため長期保有が前提となることや国の財政状況によって変動する金利上昇によりローンの返済額が増加することなどのリスクはあります。


他にも、金や仮想通貨、REIT、ETFなどの投資手法がありますが、今後勉強し、有益な情報がありましたら、アウトプットしていきます。

どの投資手法が最適か

どの投資手法が最適かは分かりませんでした。どの手法にもメリット・デメリットがあります。
リスクがなさそうな国債も、一定期間投資しないといけないということは、その間その資金は動かせません。もっと年率がいい投資先を見つけても、資金が固まり、使えなくては意味がありません。
あとは個人でどれだけのリスクを負えるかになってきそうです。
僕は個人的に株式投資が気になりました。キャピタルゲインとインカムゲインがあるため、一番やりくりしやすそうなので、株式投資を始めてみたいと思います。

ここまで、読んでくださり、ありがとうございます。
デザイナーの方だけでなく、会社勤めされている人にも参考になれば幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

コメント