デザイナー、投資を始める | イベント投資

01_07投資・トレード
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ヒラです。
デザイナーにおすすめな投資手法であるイベント投資について説明します。

また、株式投資の投資スタイル(=銘柄選択による利益出し方)が気になる方はこちらから
デザイナー、投資を始める | おすすめの投資スタイル

スポンサーリンク

イベント投資

イベント投資とは

スイングトレードとは、ある出来事に対して株価の値動きの法則を見出だし、上がり始める前に買い、下がり始める前に売るという投資手法のことです。
どういうことかと言いますと、例えば、ある企業の株価は株主優待の権利日確定日に向けて、優待欲しさに投資家が買いが増え、値上がりしていきます。これを狙って、株価が上がり始める前にその銘柄を買っておき、株価が下がり始める権利日確定日の前に売るのです。
つまり、誰かが買いたくなる銘柄を、買いが集中する前に買っておき、上がりきったら、売り抜けます。盛り上がるイベントに乗っかるのです。したがって、過去に起きた様々なイベントに対し、チャートの動きを分析し、傾向を見出だします。

メリット

イベント投資では、過去に起きたチャートに対し、傾向を見出だすことで、安定して利益を出すことができます。前述しました株主優待に着目するのであれば、傾向がある銘柄の株主優待権利日に合わせ、毎回上がり始める前に買い、下がり始める前に売れば、利益を出せるのです。

さらに、イベントに対しての傾向がわかれば、あとはそのイベントが起こる銘柄を探すだけなので、分析などがあまり必要なく、投資に要する時間がかかりません。日中仕事しているサラリーマンにも向いているのです。

下記に、メリットをまとめました。

<メリット>
・安定して利益を出せる
・あるイベントに対しての傾向を見出だせば、投資に要する時間がかからない

デメリット

イベント投資では、「このイベントではこんな売買すれば勝てる」というのが分かると、参加者が増えてしまい、今までのような値動きにならず、利益を出せなくなってしまいます。買う時に買いたい投資家が増えると、今までより買値が高くなってしまい、売るときに売りたい投資家が増えると、今までより売値が安くなってしまいます。
相場が悪い場合も、いつも利益をあげられていたイベントも、利益が上げられなくなってしまいます。これも、相場状況により、いつもの値動きにならず、いつも株価が上がり始めるタイミングで上がらなかったり、いつもより早めに株価が下がり始めたりすることが起きてしまいます。

また、値動きに傾向があるイベントや銘柄を探すのが難しいです。株主優待などの有名なイベント投資は、数多くの投資家が知っているため、参加者がすでに多くなってます。したがって、利益を出しづらくなってきています。それ以外の自分オリジナルのイベントや銘柄を探すとなると、傾向のある値動きするものはあまりないのです。これには、その当時の相場状況による株価の上下もあるために、当時の相場も分かっていないと、傾向が掴みづらいのです。

下記に、デメリットをまとめました。

<デメリット>
・参加者が多いと、今までのような値動きにならない → 利益が出しづらい
・相場の影響をうける場合がある
・自分オリジナルのイベント投資を見つけるのが難しい。

イベント投資のコツとは

自分が思いついたイベントに対して、数多くのチャートを見ましょう。統計をとるのです。「このイベントがあると、90%の確率で株価が上がる」ということが分かるだけで、イベント投資では、もう勝ちが見えます。イベント投資では傾向が掴むことが、一番大切です。あとはその傾向がいつまで、通用するかは投資しながら観察しましょう。利益を上げづらくなってきた、と感じたら、参加者が多くなった証拠です。

資金繰りにも気をつけます。イベント投資は、イベントなのであらかじめ起こるタイミングがある程度把握できます。そこに資金がなくては、参加できないので、自分の中でスケジュールを作り、資金を振り分けましょう。

自分オリジナルのイベント投資を見つけましょう。「イベント投資」とネット検索で出てくるイベントや銘柄は、すでに参加者が多くなっています。それでも利益があげられるものもありますが、今後のためには、自分だけの武器を持っていれば、長い期間利益をあげ続けられます。他の投資家も気付いて、同じイベントや銘柄に投資してくる可能性もありますが、ネットで出ているものよりは勝率が高くなるはずです。常にオリジナルのイベント投資を見つける努力をしましょう

下記に、取引する上でのコツをまとめました。

<イベント投資のコツ>
・値動きの傾向があるイベントや銘柄を見つけ出すのが大切
・投資スケジュールを作り、資金繰りを考える
・自分オリジナルのイベント投資を見つける

イベント投資に適したイベントや銘柄とは

イベント投資に合う銘柄は、よくネットや本で言われているものでは、IPO株や株主優待株、東証一部昇格株などがあります。

IPO株は、企業が新規上場するときに、新しく発行した株式を事前に取得し、公開価格の初値で売るというだけで、新規上場する80%程度の銘柄で利益をあげられることができます。しかし、こちらは抽選に申し込みをして、当選しなければなりません。これが確率がとても低いのです。当選しても、初値で下がっては意味ないので、ある程度の企業分析は必要になります。

株主優待株では、株主優待がある銘柄の全てが対象ではありません。権利日に合わせ、株価が上がっていくものを探しましょう。業績や相場によって、上り下がりが大きい銘柄は避けましょう。大型株は、相場の影響を受けやすいので、中小株で探しましょう。さらに、魅力的な株主優待でないと、投資家は集まらず、買いが増えないので、魅力的な株主優待であることも大切です。

東証一部昇格株とは、東証二部・JASDAQ・マザーズなどから一部に上場する銘柄です。東証一部企業というのは、信頼性・ブランド力があるので、昇格すると、社会的・経済的な信用力があがります。したがって、投資をしたい投資家が増えるのです。そうして、膨大な買いが入り、株価が上がるのです。
発表後、すぐ株価は急騰するので、事前に買っておかなければなりません。東証一部上場のための条件は公開されており、東証一部上場を目指している企業がそれを満たすためにとる行動はパターン化されています。それを見極め、昇格期待がある銘柄を事前に買っておき、発表後に売るのです。

下記に、イベント投資に適したイベントや銘柄をまとめました。

<イベント投資に適した銘柄>
・IPO株 → 企業分析
・株主優待株 → チャート分析、中小株
・東証一部昇格株 → 昇格期待のある銘柄

さいごに

イベント投資とは、高い確率で利益をあげられることができます。一度適したイベントや銘柄を見つけたら、ほとんど時間もとられなくてすむので、デザインの思考に時間が使えます。イベント投資は、時間がなく資金も少ないデザイナーに向いているでしょう。また、イベントという事象があるので、他の投資手法より自信を持って、投資できるかもしれません。

問題は自分オリジナルのイベント投資を見つけ出すことです。これには時間がかかります。最初は、前述しましたイベントや銘柄を試してみましょう。そこで利益をあげながら、時間をかけてオリジナルを探しましょう
平日の通勤や仕事終わりに、いまターゲットにしている銘柄の株価をチェックし、土日などの休日に、いろんな視点で着目してオリジナルを探してみましょう。

<デザイナー(会社員)にむけて>
・高い勝率と時間節約
・既存の方法で利益をあげながら、オリジナル手法を探す

ここまで、読んでくださり、ありがとうございます。

詳しいイベント投資手法についてはこちらから
イベント投資 | 【高勝率】株主優待先回り手法

デザイナーの方だけでなく、会社勤めされている人にも参考になれば幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

コメント